ニュース
» 2014年04月08日 12時40分 公開

インメモリコンピューティング専用DCが東西に:SAP HANA Enterprise Cloudが国内DCで利用可能に

SAP HANA Enterprise Cloud専用のデータセンターが東京と大阪に開設。基幹業務アプリケーションのクラウド環境移行が現実的に。既に先行ユーザーの利用実績も。

[原田美穂,@IT ]

 SAPは2014年4月7日、東京・大阪データセンターの開設をアナウンスした。SAP HANA Enterprise Cloudサービスの提供拠点として、世界で4カ国目のデータセンター開設となる。4月1日から稼働しているという。

 SAPではこの日本国内の東西DCを、アジア太平洋地域全体のクラウドビジネスをカバーする拠点と位置付けている。

 日本企業がこのサービスを利用する際の利点としては、データセンターを日本国内2拠点に分散配置しているため、通信遅延が起きにくい環境で冗長化を完結できる点、データの格納拠点を日本国内に限定できる点が挙げられるだろう。先行ユーザーの住友重機械工業も、「日本にデータセンターが開設されたことで、より安心感を持ってサービスを利用できる」とコメントしている。

 SAPでは、HANA OneのAWSでの提供など、比較的ライトユーザー向けにSaaS的な展開を積極的に行っている一方で(関連記事)、大規模なインフラ環境に対しては自社データセンターの提供も推進している。また、業務アプリケーション群は、随時、HANA環境上での稼働を保証すべく開発を進めている。現在、SAP HANA Enterprise Cloudは、SAP HANAに対応した基幹業務システムのSAP Business SuiteやSAP NetWeaver Business Warehouseなどに対応している(関連記事)。

 SAPはこれらの取り組みと同時に、日本国内での大規模導入支援を推進。今後は、パートナー企業へのDC構築・運用ノウハウ、移行プロセスの情報公開を通じて、パートナー企業のデータセンターからSAP HANA Enterprise Cloudサービスを提供する形態も支援していくとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。