ニュース
» 2014年04月10日 17時38分 UPDATE

クエリエンジン刷新、分析機能も強化:“過去最大のリリース”、「MongoDB 2.6」公開

テキスト検索の統合、クエリエンジンの刷新などを盛り込んだNoSQLデータベースの最新版、「MongoDB 2.6」がリリースされた。

[鈴木聖子,@IT]

 NoSQLデータベース「MongoDB」の最新版となる「MongoDB 2.6」が2014年4月8日にリリースされた。アグリゲーションの強化やテキスト検索の統合、クエリエンジンの刷新などが盛り込まれ、「過去最大のリリース」と位置付けている。

 MongoDBのブログによると、MongoDB 2.6では拡張性強化のためにクエリ実行エンジンを完全に書き換え、高度なクエリプランナー構築の第一歩としてインデックスインターセクションを導入した。コードベースはメンテナンスを容易にし、新機能も実装しやすくした。

 エンタープライズ環境への導入を支援するため、セキュリティやインテグレーション、分析機能も強化された。シングルサインオンのためのLDAP、x.509、Kerberos認証に対応した他、セキュリティ機能ではTLS、ユーザー定義ロール、フィールドレベル編集などに対応した。

 MongoDBの管理・アラートサービス「MongoDB Management Service」(MMS)には、クラウドとオンプレミスに対応したバックアップ機能やPoint-in-Time復旧機能が加わった。

 次期リリースのMongoDB 2.8では並行処理の大幅な改善を予定しており、ドキュメントレベルロッキングなど、その基盤も整えたとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。