ニュース
» 2014年05月01日 20時25分 UPDATE

CephとGlusterFSを組み合わせてSoftware-Defined Storageを主導:レッドハット、オープンソースストレージ開発のInktankを買収

レッドハットは2014年4月30日、オープンソースのストレージシステム「Inktank Ceph Enterprise」を開発する米新興企業、Inktankの買収を発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 米レッドハットは米国時間の2014年4月30日、オープンソースのストレージシステムを開発する米新興企業Inktankを買収することで合意したと発表した。同社の主力製品「Inktank Ceph Enterprise」とレッドハットのGlusterFSベースのストレージ製品を組み合わせ、オブジェクトストレージ、ブロックストレージ、ファイルシステムストレージを網羅する、Software-Defined Storage(SDS)の主導的存在を目指す。

 レッドハットによると、Cephはコモディティハードウェアに対応した拡張性の高いオープンソースの「Software Defined」システムで、Inktank創業者のセイジ・ワイル氏がレガシーストレージシステムの代替として開発した。

 Cephの普及を目指して2012年に創業されたInktankは、「Cephを使って高額なプロプライエタリストレージシステムから企業を解放し、ストレージコストの削減やデータの柔軟で効率的な管理を支援する」というミッションを掲げる。顧客にはシスコや欧州原子核研究機構(CERN)、ドイツテレコム、パートナーにはアルカテル・ルーセントやデルなどが名を連ねる。

 レッドハットによる買収金額は1億7500万ドルで、2014年5月に買収完了の見通し。

 ワイル氏は「レッドハットと組んで、既存のアーキテクチャやOpenStackのような新興データセンターアーキテクチャとフルに連携できるオープンストレージソリューションの需要に応える」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。