ニュース
» 2014年05月20日 15時49分 UPDATE

Microsoft Azure情報アップデート:Azure上でSAPアプリケーションを動かし、OfficeからのSAPアプリケーション操作も実現へ

SAPの主要アプリケーションをAzure上で。米マイクロソフトとSAPが相互運用性強化に向けてグローバルで提携。Excelから直接SAPアプリケーションのデータも扱えるなど、オフィスソフトとの連携も。

[鈴木聖子,@IT]

 米マイクロソフトとSAPは2014年5月19日、Microsoft AzureでのSAPアプリケーションの動作保証、SAPアプリケーションとMicrosoft Office間のデータ相互運用性強化、Windows/Windows Phone 8.1サポート強化の3分野において、グローバルな提携関係を拡大すると発表した。

 発表によると、SAPは6月末までに、Microsoft Azure上で「SAP Business Suite」「SAP Business All-In-One」「SAP Mobile Platform」「SAP Adaptive Server Enterprise(ASE)」、および開発者版のSAP HANAを含む多数のビジネスアプリケーションを動作保証する。

 SAP顧客は既存のアプリケーションやサービスをAzureに移行したり、「SAP Cloud Appliance Library」ツールを使って新規に導入することが可能になる。

 また、マイクロソフトのビッグデータ分析ツール「Power BI」では同日から、Excelから「SAP BusinessObjects BI」への接続が可能になった。

 さらに「SAP Gateway for Microsoft」の更新版を2014年内にリリースし、Microsoft Office 365/Microsoft Azureを通じてSAPのアプリケーションやデータにアクセスできるようにする。同GatewayではOffice 365とAzureのコラボレーションやワークフローといった機能を活用しながらアプリケーションを開発できるという。

 モバイル分野ではWindows/Windows Phone 8.1に対応した小売り・金融機関向けの業界専用アプリと、SAP Mobile Platform SDK更新版のプレビューを2014年末までに公開し、2015年に正式リリースを目指す。こうしたアプリケーションでは全て、マイクロソフトのクラウド管理サービス「Windows Intune」や、SAPのモバイルセキュリティサービス「SAP Mobile Secure」が利用できると説明している。

「Microsoft Azure情報アップデート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。