連載
» 2014年05月21日 07時44分 UPDATE

Tech TIPS:Gmailでゴミ箱や迷惑メールを含む全メールを検索する

Gmailで確かに受信したはずのメールが検索で見つからない…… それは、もしかしたらゴミ箱や迷惑メールフォルダーにあるのかもしれない。これらのフォルダーを含めて、全メールを素早く検索するには?

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象サービスとソフトウェア:Google Gmail、Google Apps、Windows/Mac OS X/Linuxなどのデスクトップ版Webブラウザー



解説

 Gmailでメールを検索しても、なかなか見つからずに苦労した経験はないだろうか? 確かに受信したはずなのに、語句あるいはメールアドレスなど何回も変えながら検索しているにもかかわらず、だ。結局、迷惑メールフォルダーやゴミ箱の中に見つかることがよくある。

 検索したいキーワードだけをGmailの検索欄に入力して検索したとき、迷惑メールやゴミ箱は検索されない。そのため、例えばGmailの迷惑メールフィルターによって通常のメールが誤って迷惑メールに分類されると、そのメールは通常の検索では見つからない。自分でメールをうっかりゴミ箱に捨ててしまった場合も同様だ。

 このような場合、ある検索キーワードを加えると、ゴミ箱や迷惑メールフォルダーを含む全ての受信済みメールを対象に検索できる。

操作方法

 Gmailでゴミ箱や迷惑メールフォルダーを含む全メールを検索するには、画面上部にある検索欄で、本来の検索文字列に「in:anywhere」を加える(「anywhere」とは「どこでも」「どこへでも」といった意味の英単語だ)。

<検索文字列> in:anywhere



 「in:anywhere」の位置は<検索文字列>の後でも前でもよいが、スペースで区切ること。

 このように指定して検索すると、ゴミ箱や迷惑メールフォルダーも含めて<検索文字列>を検索した結果が表示される。

「in:anywhere」を付けて検索すると迷惑メールやゴミ箱も検索される 「in:anywhere」を付けて検索すると迷惑メールやゴミ箱も検索される
  (1)「サポート終了」という単語に「in:anywhere」を加えて検索してみた。
  (2)ゴミ箱にあるメールが見つかっている。
  (3)迷惑メールフォルダーに分類されたメールも見つかっている。

 同じメールボックスでも「in:anywhere」を付けずに検索すると、次のように迷惑メールやゴミ箱にあるメールがリストアップされないことが分かる。

「in:anywhere」を付けずに検索した結果 「in:anywhere」を付けずに検索した結果
1つ上の画面と同じメールボックスで「in:anywhere」を付けずに検索してみた。「迷惑メール」「ゴミ箱」というラベルの付いたメールが検索結果に含まれていないことが分かる。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。