ニュース
» 2014年06月03日 18時00分 UPDATE

絵文字コーディングが流行する?:アップル、新プログラミング言語「Swift」「iOS 8 SDK」「Xcode 6」のベータ版を発表

米アップルが新しいプログラミング言語「Swift」と開発ツール「iOS 8 SDK」「Xcode 6」のベータ版を発表。その特徴と注目ポイントを紹介。

[鈴木聖子,@IT]

 米アップルは2014年6月2日、米サンフランシスコで開いた「WWDC 2014」で、iOSとOS X向けの新しいオブジェクト指向プログラミング言語「Swift」を発表した。

 Swiftは「Cocoa」「Cocoa Touch」フレームワーク向けに設計され、「コンパイラー言語の持つパフォーマンスや効率性、スクリプト言語の持つ簡易性を組み合わせた」言語と説明されている。

 Objective-Cとの共存が可能で、既存のアプリにSwiftを統合することもできる。同時に発表された開発環境「Xcode 6」(現在ベータ版)の「Playgrounds」ではSwiftで書いたコードを即座に出力して表示できる。

siwftbeta01.jpg SwiftのコードとPlaygroundsの画面(Swift - Apple Developer)より引用

 特徴としては、型推論やポインターへのアクセス制限、メモリの自動管理による安全性や安定性の向上、タプルやオプショナルタイプといったモダンな言語機能の搭載、LLVMコンパイラーの活用による高速性、インタラクティブ性などを挙げている。

 また変数や定数の名前、文字リテラル、コメントには、Unicodeの文字を含めてほぼどんな文字でも利用でき、日本語や絵文字も使用できるという。

siwftbeta02.jpg Swiftの定数宣言(Swiftの公式ドキュメントより引用)
siwftbeta03.jpg Swiftの文字リテラル、コメントの活用例(Swiftの公式ドキュメントより引用)

 すでに、Twitter上では、絵文字を使うコーディングに対して賛否両論が見られる(参考)。なお、Unicodeの絵文字については「The Unicode Consortium FAQ - Emoji & Dingbats」を参照されたい。

 Swiftのベータ版はアップルの開発者サイトを通じ、iOSとOS Xの開発者向けに即日提供を開始。今秋に正式リリースを予定している。Swiftで開発したアプリは、「iOS 8」「OS X Yosemite」が今秋正式リリースされた時点でiTunes App StoreとMac App Storeに提出できる。

 同時に発表された「iOS 8 SDK」(現在ベータ版)には、4000以上の新APIを提供。アプリ内でユーザーを認証できる「Touch ID API」や、iOS 8内蔵アプリと同じフレームワークを活用できる「PhotoKit」、カメラ機能を調整できる「Camera API」、iCloudを活用できる「CloudKit」、健康管理アプリ用の「HealthKit」、家電制御用の「HomeKit」などが含まれている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。