ニュース
» 2014年06月06日 20時31分 UPDATE

オラクルがOpenDaylightプロジェクトに参加、Solarisに実装

米オラクルもOpenDaylightに参加を表明。Solaris 11.2にOpenDaylight SDN機能を実装する。

[鈴木聖子,@IT]

 米オラクルは2014年6月5日、Software Defined Networking(SDN)のオープンソースプロジェクト、「OpenDaylight Project」への参加を表明した。Solaris 11.2にOpenDaylight SDNを統合し、アプリケーション駆動型のSDN機能を実装する。

 OpenDaylightはSDNとNetwork Functions Virtualization(NFV)を推進するオープンソースプロジェクトで、主要ネットワーク関連ベンダーなどが参加して2013年4月に発足した(関連記事)。

 オラクルはSolaris 11.2へのOpenDaylight SDN統合によって、Solarisコンテナーを使った仮想化とアプリケーション駆動型SDN技術、OpenStackディストリビューションを組み合わせ、効率的かつセキュアで手ごろなクラウドコンピューティングのためのソフトウェアプラットフォーム提供を目指す。

 顧客はOpenDaylight対応のSDNデバイスやアプリケーション、サービスでSolarisの仮想化およびSDN機能が利用可能になる。また、SolarisのOpenStackディストリビューションを使って、共通のオープンプラットフォーム上に構築されたOracle SPARCおよびx86システム、Oracleストレージ、幅広いSDNエコシステムやアプリケーションを横断するクラウド管理が可能になるとしている。

 オラクルはさらに、OpenStack NeutronやOpenDaylight SDNとの相互運用性を実現し、顧客がSolarisの仮想マシンインスタンスにアプリケーションをデプロイできるようにする。

 Solaris 11はこれまでに5000社以上に導入され、多くはSolarisベースのクラウドにアプリケーションをデプロイしているという。OpenDaylight SDNとOpenStackの統合により、新たなクラウドデプロイメントにおけるSolarisの利用拡大が可能になるとオラクルは説明している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。