ニュース
» 2014年06月16日 23時00分 UPDATE

「世界で最も”アブない”選手」第1位はC・ロナウド――米マカフィー調査

サッカー選手の人気に乗じたセキュリティリスクについて米マカフィーが啓発。彼らのスーパープレー集を見る前に注意すべきポイントとは?

[原田美穂,@IT]

 2014年6月12日から約1カ月間にわたり、ブラジルでFIFA ワールドカップが開催されている。世界中の注目を集めるスポーツイベントとあって、人気の選手らが検索されることを狙った、マルウェア感染の可能性が指摘されている。

 米マカフィーは、2014年6月4日、「世界で最も”アブない”選手」のリストを公表した(リンクは日本語訳のページ)。

mhdb_abunai.png 米マカフィーが公表したリスト
mhdb_nihonabunai.png 日本人選手の一覧

 人気の高い選手に関する情報を得ようとする人々が世界的に増えることから、同社では「サッカー熱に浮かされてどこかの危険なサイトに迷い込んだ場合に自分の安全を確保できるよう」以下のような心構えを示し、特に、スクリーンセーバーや特別な動画があるように見せかけてマルウェアをダウンロードさせようとするサイトに警戒するよう呼び掛けている。

  • ストリーミングやコンテンツダウンロードに警戒し、公式コンテンツを選択すること
  • 「無料ダウンロード」はもっとも危険な検索ワードであることに留意すること
  • ニュース速報は信頼できるニュースサイトを限定して閲覧すること
  • 公式サイト以外に個人情報を提供しないこと

 それでも検索したい場合は、家庭内ネットワーク全体でセキュリティ対策が万全であることを確認してからにしてほしいと警告、「あなたが見たいと思うようなニュースの大半は、公式ビデオサイトで簡単に見られます」ともコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。