ニュース
» 2014年06月20日 14時00分 UPDATE

独自OS「Fire OS」はAndroidと互換性あり:アマゾン、独自スマホ端末「Fire Phone」向け「Dynamic Perspective SDK」「Firefly SDK」を発表

米アマゾンの新スマートフォン「Fire Phone」には、Androidベースのアマゾン独自OS「Fire OS」が搭載され、開発用SDKが提供される。

[鈴木聖子,@IT]

 米アマゾンは2014年6月18日、オリジナルスマートフォン「Fire Phone」の発表に併せ、アプリやゲーム開発に利用できる新技術の「Dynamic Perspective」「Firefly」を発表した(参考記事)。

 Dynamic Perspectiveは、端末の持ち方や見方、動作に反応するセンサーシステム。「Dynamic Perspective SDK」では、このセンサーを活用し、ティルトやズームなどの機能を組み込んだアプリやゲームが開発できる。APIはヘッドトラッキングAPI、モーションジェスチャAPI、ホームAPIなどを提供する。

Dynamic Perspective SDKと対応プラットフォーム(「Getting Started Developing Apps for Fire Phone」より引用)
SDK Android(Java) Android(C++) Unity HTML5
Head Tracking API Yes Yes Yes Yes
Motion Gestures API Yes No Yes Yes*
Home API Yes No No Yes*
Foundation Controls Yes No No No
Euclid Controls and UI Framework Yes No No No
* Supported via Cordova plugins or via processing during web app submission

 一方、「Firefly SDK」ではQRコードやバーコード、アート作品、楽曲、映画といったオブジェクトを認識し、ユーザーが反応できるアプリを構築できる。アマゾンのコンテンツカタログと画像やテキスト、音声などの認識技術を使って、1億以上の映画や楽曲などを識別できる他、URLやメールアドレス、電話番号なども認識できる。

 例えばFirefly SDK内蔵の音声認識機能と音楽データベースを利用して、再生中の楽曲を調べられるアプリなどが開発されているという。

Firefly SDKと対応プラットフォーム(「Getting Started Developing Apps for Fire Phone」より引用)
SDK Android(Java) Android(C++) Unity HTML5
Firefly Plugin API Yes No No No

 既存のAndroidアプリについては、「Fire OS」(Androidベースのアマゾン独自OS)で互換性をサポートしており、大半はFire OS 3.5.0に対応できるという。Android APKをドラッグ&ドロップすると、90秒で互換性を診断できるAndroidアプリの互換性テストサービスも提供している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。