ニュース
» 2014年06月20日 17時00分 UPDATE

既存の移行ツールを補完する存在に:グーグル、Amazon S3からCloud Storageへの乗り換え支援ツールを提供

米グーグルが他社クラウドストレージからの乗り換え支援ツールを公開した。このツールを使えば、Amazon S3やHTTP/HTTPSサーバーから手軽にデータを移行できるようになる。

[鈴木聖子,@IT]

 米グーグルは2014年6月19日、他社のクラウドストレージサービスから自社の「Google Cloud Storage」への乗り換えを支援するための新しいツール「Online Cloud Import」の限定プレビュー版を公開した。

ALT Amazon S3やHTTP/HTTPSサーバーからのデータ移行を支援する「Google Cloud Storage」(出展:グーグル

 これにより、米Amazon Web Services(AWS)の「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)や、HTTP/HTTPSサーバーから手軽にデータが転送できるようになるという。

 Online Cloud Importは、グーグルの高性能なネットワークを利用することで、自分のCloud Storageにオンラインで高速にデータをインポートできる。ログファイルやメディアライブラリといったTB(テラバイト)級の大きなデータの移行には、コストや時間がかかるという顧客の声に対応したという。

 また、Online Cloud Importは簡単にデータの転送と同期ができるように、データ転送用の一時的な格納場所を作成する機能や、他社のストレージからGoogle Cloud Storageへ定期的に同期を行うための機能も提供する。同期機能では、ファイルの作成日やファイル名でフィルタリングを設定したり、インポート時間を指定したりすることも可能だ。同期が完了した場合には、メールで通知を受け取るように設定することもできる。

 グーグルではOnline Cloud Importを、既存のコマンドラインツール「gsutil」や、オフライン用の「Cloud Storage Offline Disk Import」を“補完する存在”であると説明している。

 グーグルによると、転送するデータが10TB未満の場合は「gsutil」、何百TBものオフラインデータには「Cloud Storage Offline Disk Import」の方が適しているとのことだ。なお、Online Cloud Importは無料で利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。