ニュース
» 2014年06月23日 18時03分 UPDATE

Microsoft Azure情報アップデート:国内でもSAP on Azureが実現

エンタープライズアプリケーションのクラウド利用を後押しするSAPとマイクロソフトの協業が、日本国内でもスタート。9社のSIがサービス提供を表明している。

[原田美穂,@IT]

 SAPジャパンと日本マイクロソフトは2014年6月23日、Microsoft Azure(Azure)上でのSAP ERPアプリケーション群をサポートすると発表した。併せて、SAPのAzure上での運用を支援するパートナーSI企業9社がソリューション提供を発表している。

 この発表は2014年5月にグローバルで発表したAzure環境への対応を、各地で具体的に展開する動きの一環である。西日本・東日本にデータセンターを開設したことで、国内企業のニーズを拾いやすくなったAzure環境と、クラウド環境への対応を推進するSAPの協業で、エンタープライズ領域でのハイブリッドクラウド利用を推進する。

 この「SAP on Azure」の取り組みは、米マイクロソフトAzureのVPを務めるSteven Martin氏がブログで2014年5月28日に公表していたもの

 この取り組みによりSAP ERPの導入初期コスト削減が見込める他、日本マイクロソフトの試算によると、ハードウェア、ソフトウェア、電力、管理費、およびデータセンター施設費についても4割のコスト削減効果が見込めるとしている。

 今回の発表でサポート対象となるのは、下記アプリケーション群と、Azure環境に対応したSAP HANAプラットフォームの開発者向けエディションをサポートする。

  • SAP Business Suite
  • SAP Business All-In-Oneソリューション
  • SAP Mobile Platform
  • SAP Adaptive Server Enterprise(SAP ASE)

 これらについては、SAP Cloud Appliance Libraryツールを使うことで、Azureへの直接の展開・プロビジョニングを数分以内で行える環境を得られるとしている。

 また、今回の協業では国内SIパートナー企業9社がAzure上でのSAP ERP環境導入から運用までをサポートするサービスの提供を開始する。各社で独自のアセスメントサービスや移行サポート、運用サービスなどを展開する。

  • アビームコンサルティング
  • SCSK
  • NTTデータグローバルソリューションズ
  • 電通国際情報サービス
  • 東洋ビジネスエンジニアリング
  • NEC
  • 日立製作所
  • 富士通
  • リアルテックジャパン

 SAPジャパンと日本マイクロソフトでは、これらパートナー企業のソリューション展開を支援する目的で、検証情報の提供やドキュメント整備、トレーニング活動、共同マーケティング活動も推進するとしている。

「Microsoft Azure情報アップデート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。