Special
» 2014年07月04日 20時00分 公開

7月24日開催の「Oracle DBaaS & Big Data Summit」で明らかに:「オラクルのインメモリDBが企業ITにパラダイムシフトを」 ――ビジネスにもたらす価値は? (1/3)

2014年7月24日、日本オラクルは東京 恵比寿で「Oracle DBaaS & Big Data Summit」を開催する。先ごろ、米国で発表された「Oracle Database In-Memory Option」のお披露目、Oracle Exadataの最新ユーザー事例セッションなどが予定される同イベントの見所を紹介する。[プライベートクラウド/データベース統合][ビッグデータ][Engineered System][Oracle Database 12c]

[PR/@IT]
PR

リアルタイム経営強化に、オラクルはどう寄与するのか? 最新のソリューション、ユーザー事例を一挙紹介

日本オラクル データベース事業統括 製品戦略統括本部 プロダクトマーケティング本部 本部長の林徹氏

 日本オラクルは2014年7月24日(木)、東京のウェスティンホテル東京で「Oracle DBaaS & Big Data Summit」を開催する。既に同社イベントサイトで申し込み受付を開始している。

 Oracle DBaaS & Big Data Summitは、その名称の通り、次世代のクラウド型データベース統合基盤であるDBaaS(Database as a Service)とビッグデータに焦点を当て、ユーザー企業のITマネジャーなどを対象に開催される。その狙いを、企画を統括する日本オラクルの林徹氏(データベース事業統括 製品戦略統括本部 プロダクトマーケティング本部 本部長)は次のように説明する。

 「Oracle DBaaS & Big Data Summitに特にお越しいただきたいのは、近年、企業の経営課題として優先度が高まっている“経営スピードの向上”あるいは“リアルタイム経営”を実現するIT施策の立案や実行に関わる方々です。今年(2014年)、オラクルの主力製品群は、このテーマの下に大きく進化を遂げますが、その最大の目玉として、米オラクルが先ごろ発表したOracle Databaseのインメモリオプション『Oracle Database In-Memory Option』を日本で初めてご披露します。

 また現在、国内の多くの企業でデータベース統合基盤として導入が進んでいる『Oracle Exadata』の最新のユーザー事例もご紹介します。非常に濃い内容のプログラムを用意していますので、ぜひ多くの方にご参加いただき、オラクルの最新ソリューションが企業の経営効率化やビジネス改革にどう寄与するのか、ご自身の目と耳でお確かめいただきたいですね」

「Oracle DBaaS & Big Data Summit」開催!

 東京・大阪の2つの会場で「Oracle DBaaS & Big Data Summit 〜インメモリ・データベースが革新するクラウドとビッグデータの未来」が開催されます。本稿で紹介した内容詳細や事例を直接聴講できます。詳細は以下の通り。


【東京】 2014年7月24日(木) 10:00〜17:00
会場 ウェスティンホテル東京(東京 恵比寿)
参加費 無料
イベントWebサイト 終了しました

【大阪】 2014年8月7日(木) 14:30〜18:00
会場 堂島ホテル(大阪 梅田)
参加費 無料
イベントWebサイト http://www.oracle.com/goto/jpm140807

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2014年8月6日

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。