ニュース
» 2014年07月07日 18時44分 UPDATE

Open Compute Project、スイッチ仕様を間もなく承認

「Open Compute Project」のスイッチ仕様がまもなく公開される見込みだ。米フェイスブックは既にブロードコムのスイッチを本番環境で導入しているという。複数の海外メディアが伝えた。

[鈴木聖子,@IT ]

 データセンター業界ニュースサイトの米Data Center Knowledge(DCK)は2014年7月3日、米ブロードコムとメラノックスが「Open Compute Project」(OCP)に提出した2種類のスイッチ仕様が、間もなくOCPの正式仕様として承認される見通しだと伝えた。

 OCPはデータセンターなどの設備仕様をオープンソース化する目的で米フェイスブックが2011年に発足させ、2013年にはオープンソースのネットワークスイッチ設計を目指す新プロジェクトが始動していた。

 DCKがフェイスブックのネットワークエンジニアリング担当ディレクター、ナジャム・アハマド氏の話として伝えたところでは、フェイスブックは既にブロードコムのOCP仕様スイッチをデータセンターの本番環境に導入済みだという。

 OCPスイッチでは、さまざまなメーカーのネットワーク機器を導入し、フェイスブック社内で開発したネットワーク管理ソフトウェアで利用することが可能になる。これによってシステム全体を同社のアプリケーション用に最適化し、メーカー間の競争を通じて有利な価格を引き出すこともできると見込む。同社は既に、サーバとストレージアレイについてはOCPのオープンソース設計を採用した独自のシステムを導入していた。

 また、アイルランドのITニュースサイトSiliconrepublicによれば、フェイスブックのプログラムマネジャー、ジョン・ケネビー氏はダブリンで開かれたSoftware-Defined Network(SDN)技術に関する会合でOCPの成果を紹介。「OCPはOpen Networking Foundationと組み、OpenFlowとSDNに対応したネットワークスイッチの設計を進めてきた。フェイスブックが2週間ほど前に発表した『Wedge Switch』は、あと数カ月でオープンソース化される。これはネットワーク分野への進出の第1歩となる」と語った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。