ニュース
» 2014年07月09日 15時56分 UPDATE

次はenumとdeferred loadingの正式サポートを:グーグルのプログラミング言語「Dart」、ECMA標準に

グーグルはプログラミング言語「Dart」が国際標準化団体ECMAの正式仕様として承認されたと発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 米グーグルはオープンソースのプログラミング言語「Dart」が国際標準化団体ECMAの正式仕様として承認されたことを発表した。

 DartはJavaと同じクラスベースのオブジェクト指向言語で、複雑なWebアプリケーションの開発に使われる。

 Dartはグーグルが2011年に発表。2013年12月には、ECMAによってDartの標準化を目指す技術委員会「TC52」が設置された。2014年6月25日に開かれたECMAの総会では、Dart 1.3をベースとする標準仕様「ECMA-408」の第1版が承認されている。

 DartのGoogle+に掲載された情報によると、ECMA TC52委員会はこのほど開いた第3回会合で、enum(列挙型)やdeferred loading、async(非同期)、既存のマイナーなバグの修正についても話し合ったという。

 次回の会合は9月16日にスイスで開かれる予定で、enumとdeferred loadingの正式サポートと、asyncの少なくとも一部のサポートを目指すという。次のバージョンは2014年末までに完成させたい意向だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。