ニュース
» 2014年07月10日 16時45分 UPDATE

VMwareとの連携、安定性を強化:レッドハット、「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 5」リリース

レッドハットがエンタープライズ向けクラウド基盤ソフトウェアの最新版「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 5」の正式リリースを発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 米レッドハットは2014年7月8日、同社のエンタープライズ向けクラウド基盤ソフトウェアの最新版となる「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 5」の正式リリースを発表し、各国で即日提供を開始した。

 Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 5は、OpenStackの9番目のリリースとなる「Icehouse」をベースとして、既存のデータセンターへのOpenStack導入を支援する新機能を提供するとともに、安定性の向上などを図っている。サポート期間は3年間に延長された。

 また、VMwareの仮想ネットワーク機能「NSX」とOpenStackを連携させるプラグインや、VMware Virtual Machine Disk(VMDK)をOpenStackブロックストレージ機能(Cinder)でサポートするためのプラグインを提供するなど、VMwareとの連携機能も強化されている。

 さらに、VMware vSphereをOpenStackのコンピュートノードコンポーネント(Nova)のドライバーとして利用することで、OpenStack Dashboard(Horizon)からシームレスに管理することもできる。

 その他、ワークロードをOpenStackクラウド全体に分散させる機能の追加や、OpenStack上でHadoopクラスターの管理やプロビジョニングを支援するデータ処理サービス(Sahara)の技術プレビューも提供する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。