ニュース
» 2014年07月16日 16時34分 UPDATE

アドビとグーグル、日中韓3カ国語網羅の新フォントを発表

漢字を使う言語のうち、約50万文字をカバーするOSSフォントを、アドビとグーグルが発表。日本語タイプフェイスはアドビのフォントデザイナーが担当、漢字拡張はイワタが行った。

[鈴木聖子,@IT ]

 米アドビシステムズとグーグルは7月15日、日本、韓国、中国の3カ国語に対応したオープンソースの新しいフォント「Source Han Sans」を共同開発したと発表した。

 Source Han Sansは日本語と韓国語で使う全ての文字と、中国語の繁体字および簡体字を網羅し、Source Sans系のラテン文字、ギリシャ文字、キリル文字も含まれる。合計で50万文字をカバーし、オープンソースで提供するフォントとしては過去最大規模になる。

 日、中、韓の3カ国で使われる文字は、元は中国の同じ文字を起源としながら各言語によって違うバリエーションがある。開発に当たっては、それぞれの違いに対応して美観を保ちながら包括的なフォントとして統一する必要があった。

 東京を拠点とするフォント開発チームでは、シニアデザイナーの西塚涼子氏が新書体の基本デザインを手掛けた。太さをそろえたシンプルな字体は、タブレットやスマートフォンなどの画面での読みやすさを意識したという。

mhn_cjk.png (アドビのブログより引用)

 日本語の漢字拡張は書体メーカーのイワタが担当した。文字の太さはExtraLight、Light、Normal、Regular、Medium、Bold、Heavyの7種類を用意している。

 アドビとグーグルとの共同プロジェクトは3年以上前からスタート。グーグルはテストリソースやノウハウ、資金などを提供し、アドビはデザインやフォント関連の技術、書体デザインの経験などで貢献した。

 グーグルはNotoファミリの新フォントとして、Source Han Sansの独自バージョンとなる「Noto Sans CJK」を公開している。中国、日本、韓国の読者を合せると世界の人口のほぼ4分の1に相当すると指摘し、「世界の情報を整理して、使用言語を問わず全ユーザーにアクセスできるようにする」というミッションに沿ってプロジェクトに協力したと説明する。

mhn_typeface.png Noto Sans CJKフォント(Google Developers Blogより引用)

 Source Han SansはアドビのTypekitから各言語別のサブセットフォントが無料でダウンロードできる他、オリジナルソースはSourceForgeとGitHubから入手できる。ライセンスはApache 2.0を利用している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。