連載
» 2014年08月06日 19時00分 UPDATE

Tech TIPS:iPhone/Android端末からGmailの詳細な設定を参照/変更する

iPhone/iPadなどのiOS端末あるいはAndroid端末からGmailの設定画面を開くと、設定項目の数はPCのWeb版Gmailと比べて非常に少ない。スマートフォン/タブレットからGmailの細かい設定項目を参照/変更する方法は?

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
Tech TIPS
Windows Server Insider


「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象サービスとハードウェア:Google Gmail、Androidスマートフォン/タブレット、iPhone/iPad/iPod touch



解説

 Google Gmailで何らかの設定を変更する手順を解説している書物やWebページでは通常、PCのWebブラウザーで開いたGmail(PC Web版Gmail)での設定手順を例に挙げている。

 しかしiPhone/iPad/iPod touchあるいはAndroid端末などのスマートフォン/タブレットでは、その記述通りに設定できないことがほとんどだ。なぜなら、スマートフォン/タブレットのWebブラウザーで開いたGmail(モバイルWeb版Gmail)や、アプリストアから入手できるGmailアプリでは、PC Web版の設定画面にはある多数の設定項目がほとんど表示されないからだ。

モバイル版Gmailでは設定項目が非常に少ない モバイル版Gmailでは設定項目が非常に少ない
これはiPhoneの標準Webブラウザー「Mobile Safari」でGmailの設定画面を表示したところ。[モバイル署名][不在通知]という項目しかなく、PC Web版と比べてあまりにも少ない。Android端末のWeb版Gmailや、アプリストアから入手できるGmailアプリでも、多少の差異はあれど設定項目が非常に少ないことは同じだ。特によく使うフィルター(振り分け)作成や、新規ラベル追加といった機能が設定できないことに不満に感じる読者諸兄も多いのではないだろうか?

 かといってGmailの設定変更のためだけに、いちいちPCを引っ張り出すのは面倒に感じることもあるだろう。

 そこで本稿では、スマートフォン/タブレットでPCと同様のGmail設定画面を表示し、設定するための方法を説明する。

操作方法

 スマートフォン/タブレットでPC Web版Gmailと同様の設定画面を表示する方法として、「手軽だが一部の設定項目が表示されない」「操作がやや面倒で表示も遅いが、全設定項目が表示される」をそれぞれ紹介しよう。

 なお、以下ではiPhoneのMobile Safariでの画面を例に挙げているが、他のWebブラウザーあるいは他のiOS端末、Android端末でも操作手順はほぼ共通だ。

●「簡易HTML」版でGmailの設定ページを表示する

 この方法では、Gmailのユーザーインターフェース(UI)の1つである「簡易HTML」を利用する。これはPC Web版GmailのUIの一種で、機能は少なめだがシンプルなWebページで軽快に表示される。

 スマートフォン/タブレットのWebブラウザーでGmailにログインした後、UIを簡易HTMLに変更してから設定画面を開く。

WebブラウザーでGmailにログインしてGmailの画面を開く WebブラウザーでGmailにログインしてGmailの画面を開く
これはiPhoneのMobile SafariでGmailにログインした直後の画面。
  (1)これをタップすると、フォルダー一覧が表示される。
次へ
フォルダー一覧画面の一番下までスクロール フォルダー一覧画面の一番下までスクロール
  (2)画面の一番下までスクロールする。
  (3)これをタップすると、「簡易HTML」版の画面表示に切り替わる。
次へ
簡易HTML版UIでGmailが表示される 簡易HTML版UIでGmailが表示される
画面の小さいスマートフォン/タブレットでは、横向きにすると文字が大きくなるので操作しやすい。
  (4)これをタップすると、設定画面が表示される。
次へ
Gmailの設定ページが表示される(簡易HTML版) Gmailの設定ページが表示される(簡易HTML版)
設定項目数は標準のPC Web版Gmailより少ないが、モバイルWeb版やGmailアプリよりはずっと多い。フィルターやラベル、メール転送などの設定も可能だ。
  (5)Gmailの設定項目。対象のタブを選んで設定を変更する。

 この方法の欠点は、PC Web版Gmailの設定画面と比べて、一部の設定項目が表示されない点だ。例えばフィルター(振り分け)の設定画面では「重要」マークや迷惑メールに関する設定ができない。

 それでも主要な設定項目は参照/変更できる。これで足りない場合は、2つ目の方法を試していただきたい。

■元のモバイル版に戻すには

 設定の参照/変更後、元のモバイル版Gmailに戻すには、画面の一番下までスクロールし、「Gmail 表示: 標準 | ……」と記されているところの「標準」リンクをクリックする。

元のモバイルWeb版Gmailに戻す 元のモバイルWeb版Gmailに戻す
これは簡易HTML版の設定画面で一番下までスクロールしたところ。
  (1)小さくて見にくいが、「Gmail 表示: 標準 |……」と記されている。その「標準」リンクをタップすると、UIが元のモバイルWeb版Gmailに戻る。

●モバイル版Chrome Webブラウザーの「PC表示」で設定ページを表示する

 この方法では、無償提供されているモバイル版Google Chromeブラウザーを利用する。モバイル版Chromeには、PCと同じデザインでWebページを表示する機能がある(正確にはWebサイトに対してPC向けページをリクエストする機能)。これを応用するとスマートフォン/タブレットでもPC Web版Gmailと全く同じ設定画面を表示できる。この機能の詳細については、右上の関連記事を参照していただきたい。

 まずは次のアプリストアへのリンクから、モバイル版Chromeをスマートフォン/タブレットにインストールする。

 モバイル版Chromeを起動したらGmailにログインするのだが、その直前に右上のメニューアイコンから[PC版サイトをリクエスト]をタップする。そして該当アカウントでログインすると、PC Web版Gmailと同じデザインの画面が表示されるので、右上の歯車アイコンから[設定]をタップして詳細設定ページを開けばよい。

モバイル版ChromeでGmailログイン時にPC Web版へ切り替える モバイル版ChromeでGmailログイン時にPC Web版へ切り替える
これはモバイル版ChromeでGmailにログインする際、Googleのログイン画面にリダイレクトされたところ。まだログインは完了していない。
  (1)Googleのログイン画面のURLが表示されている。
  (2)これをタップして、(3)を表示させる。
  (3)これをタップすると、PC Web版に切り替わる。
次へ
Googleにログインする Googleにログインする
すでにPC Web版に切り替わっているが、この時点でデザインはほとんど変わらない。
  (4)GmailのためのGoogleアカウント情報を入力してログインする。
次へ
PC Web版Gmailと同じ画面から設定画面を開く PC Web版Gmailと同じ画面から設定画面を開く
Windows OSやMac OS XのWebブラウザーと同じGmailの画面が表示される。表示は遅いものの、機能や使い方はPCと共通だ。
  (5)これをタップして、(6)を表示させる。
  (6)これをタップすると、設定画面が表示される。
次へ
標準UIでGmailの設定ページが表示される 標準UIでGmailの設定ページが表示される
  (7)PC Web版と同じ設定ページが表示される。対象のタブを選んで設定を変更する。

 この方法の欠点は、画面表示が遅い(操作に対する反応が鈍い)ことだ。例えば、応答がないのでボタンをタップし損なったと思ったら、実は処理に時間がかかっていた、ということがよくある。特に、それほど性能の高くないスマートフォン/タブレットでは、イライラさせられるだろう。

 そのため設定変更が完了したら、元のモバイル版に戻して操作した方がよい。それには前述のモバイル版Chromeのメニューにある[PC版サイトをリクエスト]を再度タップしてPC表示をオフにするか、あるいは該当タブをいったん閉じてから再度Gmailを開く。このとき、Googleへの再ログインが求められる場合があるので注意すること。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。