連載
» 2014年08月11日 18時00分 UPDATE

AWS Tips:AWSのセキュリティを高めるIAMとは?

本Tipsでは、Amazon Web Servicesの機能「IAM」を使い、どのようにしてセキュリティを高めることができるかを解説します。

[小室文,@IT]
「AWS Tips」のインデックス

連載目次

IAMにできること

 Amazon Web Servicesには、リソースへのアクセスをコントロールできるAWS Identity and Access Management(IAM)という機能があります。IAMにできることは以下の通りです。

IAMユーザー、グループを管理する

 AWSのサービスやリソースへのアクセス権をユーザーに付与し、それらへのアクセスを許可する。

IAMロールと権限を管理する

 AWSのサービス、リソースの間をつなぐ認証情報(ロール)を作成し付与することで、サービスや個々のリソースがお互いに情報をやりとりできるようになる。

IAM identityを管理する

 一般的な認証機構(Microsoft Active DirectoryやSAML 2.0など)と連携をさせ、サービスやリソースへのアクセスを許可させる。

 上記以外にも個々の機能を安全に強化できるMulti-Factor Authentication(MFA)や、多要素認証、パスワードポリシーも活用できるでしょう。

 AWSが提供しているプラットフォーム、およびサービスのセキュリティ担保については、AWSセキュリティセンターAWSコンプライアンスを一読されることをお勧めします。また、ユーザーとAWSのセキュリティ責任範囲の明確化についてはAWSの共有責任モデルを一読してみてください。

IAMが提供される場所は

 IAMはAmazon Elastic Compute Cloud(EC2)のようなアベイラビリティゾーンの設定や、Simple Storage Service(S3)のようなリージョンを選択することはできず、エンドポイントも単一のものが提供されます。

 実際にIAMが提供されている場所は米国東部(バージニア北部)リージョンとなり、これが全世界で共通の設定となります。ただし、GovCloudリージョン(米国連邦政府用)と、2014年に提供開始が予定されている北京リージョンは別のIAMが用意されており、そちらを使う必要があります。

小室文(こむろ あや)

好きなAWSサービスはRDS

サーバーワークス セールスチーム ソリューションアーキテクト

ウェブマーケティング業界で、インフラ/開発を経験した後、クラウドに取りつかれてJAWS-UGクラウド女子会コアメンバー。クラウド界隈出没中。明太子は永遠に不滅です。

CROSS2014セッションオーナー 、AWS SAMURAI AWARD 2014受賞。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。