連載
» 2014年08月20日 18時00分 UPDATE

モンスター上司図鑑(2):ヨコドリッチ

真面目な人はご用心! モンスター上司「ヨコドリッチ」に、手柄や企画をヨコドリされちゃいますよ。

[三条雅美,@IT]
ヨコドリッチ

モンスターNo.2 ヨコドリッチ(よこどりっち)
モンスタータイプ 上司
迷惑レベル ★★★★★
攻撃 成果の横取り、いいとこ取り
特徴・口ぐせ ポーカーフェイス、「やっといて」
本連載「モンスター上司図鑑」のインデックス

連載目次

概要

 「ヨコドリッチ」とは、部下の仕事の成果を横取りしたり、自分の手柄にしたりする上司です。

 その種類もさまざま。普段は「面倒くさいなあ、やっといて」と部下に仕事をやらせるくせに、偉い人がオフィスにいるときだけ張り切って「やっていますよ〜」とアピールし、部下たちに「お前らもやるんだ!」と言う「ミエハリ=ヨコドリッチ」。

 大変なプロジェクトから逃げ続け、成功の見通しが立ってくると突然プロジェクトを仕切り出し、「苦労もありましたが、自分が頑張りこの結果が出せました」と報告する「ヤッタフリ=ヨコドリッチ」。

 最も悪質なのが、部下の企画を「イマイチだなあ〜」と却下しておきながら、数日後にさらに上の上司に自分の企画として提案する「パクリ=ヨコドリッチ」です。

 真面目にコツコツと仕事に取り組むことは大切ですが、目の前のことにばかり集中したり、一人で情報を抱え込んでいたりすると、ヨコドリッチの攻撃を受け、悔しい思いをしかねません。

特徴

 ヨコドリッチの仕事の進め方には、下記のような特徴があります。

  • 要領が良い:普段やらなくても「ここぞ!」というタイミングで行動する
  • 口がたつ:頭の回転が早く、言い訳したりウソをつくのがうまい
  • 勘がいい:観察力があり、状況変化をいち早く捉えられる
  • 腹黒い:人を傷付けても罪悪感を感じない、ポーカーフェイス、横取りしても悪びれない

攻略法

 ヨコドリッチは「真面目にコツコツ仕事に取り組む人」や「お人よし」を狙う傾向があります。

 一人で仕事に取り組んでいると、横取りされても誰にも気付いてもらえません。また、ヨコドリッチに頼まれたことを「変だ」と思ってもやってしまうようなお人よしさんは、成果をヨコドリされてしまいがちです。ヨコドリッチの攻撃を受けないよう、以下を心掛けて仕事に取り組みましょう。

  1. ガードを固める
  2. 先手を打つ

1 ガードを固める

 ヨコドリッチの攻撃を受けずに済むように、日ごろから周囲にアピールして守りを固めます。

  • 情報共有を徹底する
  • 仕事のつながりを理解する(全体の中のどの部分に関わっているか、次の工程をイメージして仕事を進める)
  • 状況変化に敏感になる

 メールを出すときには「cc」にヨコドリッチのさらに上の人や同僚を入れて報告するなど、ヨコドリッチと2人だけの世界を作らないようにします。また、タバコ部屋や給湯室などで同僚や他の上司と話をするチャンスがあれば、話を聞いたり自分の仕事の相談を持ちかけたりして、情報を共有したり、状況変化を察知したりするようにしましょう。

 日ごろから周囲に状況を話して、理解してもらいながら仕事に取り組めば、ヨコドリッチはいいとこ取りしづらくなります。現在の状況やそれまでの経緯を知っている人たちがいれば、もしヨコドリッチが攻撃してきても、フォローしてくれるはずです。

2 先手を打つ

 勇気を出して、ヨコドリッチよりも先に行動してみましょう。例えば、上の人も出席する会議に積極的に参加する。そして「進捗報告する役をやります!」などのアピールをしてみましょう。期日よりも早く仕事を仕上げて報告したり、他の人も聞いているところで、ヨコドリッチに仕事の相談や報告をしたりするのも効果的です。

 受け身で仕事に取り組むのではなく、自分から行動してみましょう! 言われる前に行動すれば、ヨコドリッチもびっくりしてターゲットにできなくなるのでは?

それでもヨコドリされたら

 対策をしていてもヨコドリッチされたときは、悔しい気持ちを脇に置き、「反面教師!」と思って、ヨコドリッチの良いところや、どのようにクロージングさせたかなどをよく観察してみましょう。そして「すごい!」と思うところは、マネしましょう。

 どんなモンスターにも良いところは一つくらいあります。「悔しい悔しい!」「やられた〜」と悲劇のヒーロー/ヒロインで終わるのではなく、何か自分にプラスになるところを見つけて起き上がりましょう♪

自分がヨコドリッチになってしまわないように

 悪気はなくても、部下の手助けをしていたら、自分の成果のように周囲に思われてしまう場合があります。そんなときはすかさず、部下を前面に出して成果を認めましょう。自分の成果にしてしまうと、ヨコドリッチになってしまいますよ! ご用心! ご用心!

筆者プロフィール

三条雅美

三条雅美(サミー)

研修会社、コンサル会社で研修講師・採用・新規ビジネスの立ち上げ支援などを軸に人材育成サービスに携わったのち、現在は保育園にて、人事・経理などを担当している。

インタビュー:みんなが気持ちよく過ごせる場をつくること、それが私の役割


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。