連載
» 2014年09月05日 17時17分 UPDATE

Tech TIPS:各Windows OSで利用できるSQL Serverのバージョンを知る

数年おきに新バージョンがリリースされるWindows OSとSQL Server。どの組み合わせならインストールできるのか、一目で分かるように整理してみた。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
Tech TIPS
Windows Server Insider


「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象ソフトウェア:Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows Server 2003/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2、SQL Server 2005/SQL Server 2008/SQL Server 2008 R2/SQL Server 2012/SQL Server 2014


解説

 マイクロソフトのデータベースソフトウェア「SQL Server」は、Windows OSと同様、機能や性能の向上のためにバージョンアップが繰り返されてきた。現在サポート中の(ライフサイクルが終わっていない)バージョンだけでも、次の5種類が存在する。

  • SQL Server 2005(内部バージョンは「9.0」)
  • SQL Server 2008(内部バージョンは「10.0」)
  • SQL Server 2008 R2(内部バージョンは「10.5」)
  • SQL Server 2012(内部バージョンは「11.0」)
  • SQL Server 2014(内部バージョンは「12.0」)

 これらは、どのWindows OSとも組み合わせて利用できるわけではない。例えばサポート終了に伴うシステム移行の際、Windows OSをアップグレードすると従来のバージョンのSQL Serverが利用できなくなり、SQL Serverもアップグレードを強いられることがある。計画段階でこうした問題を把握するには、どのWindows OSとSQL Serverの組み合わせなら正しく利用できるのか、よく知っておく必要がある。

 そこで本稿では、Windows XP以降にリリースされた各Windows OSで利用可能なSQL Serverのバージョンと、その注意点について説明する。

●各Windows OSで利用可能なSQL Serverのバージョン

 以下にWindows OSの種類と、利用可能なSQL Serverのバージョンについてまとめておく。

■Windows Server

各Windows Serverで利用可能なSQL Serverのバージョン一覧

■WindowsクライアントOS

各WindowsクライアントOSで利用可能なSQL Serverのバージョン一覧 各Windows OSで利用可能なSQL Serverのバージョン一覧
Windows OSおよびSQL ServerそれぞれのService Pack(SP)レベルごとに、利用できる組み合わせを図示してみた(Windows OSについては最新のService Packのみ掲載している)。事情があって最新のService Packを適用できない場合は、特に注意が必要だ。各SQL Serverのシステム要件の詳細は、本稿末尾の「関連リンク」にある各ページを参照していただきたい。

 SQL Serverのバージョンについて特に注意すべき点を以下に記す。

●Service Packが適用済みのSQL Serverインストールイメージが必要な場合がある

 上図のように、Windows OSによってはSQL Serverに特定レベルのService Packを適用しなければならない。その場合、たいていはRTM版のSQL Serverをまずインストールし、その後にSQL ServerのService Packを適用すればよい。

 しかし、場合によってはRTM版SQL Serverのインストールに失敗することがある。例えばSQL Server 2008をWindowsクラスター環境にセットアップする場合、Service Pack 1以降を適用してあるSQL Serverインストールイメージからインストールしなければならない、とのことだ。

 RTM版SQL ServerのインストールイメージからService Pack適用済みイメージ(スリップストリームとも呼ばれる)を作成する方法については、次のページが参考になる。

●SQL Server Expressの場合は最新SP適用済みインストーラーを利用するのが無難

 SQL Server Expressエディションの場合、Service Pack適用済みのインストーラーがマイクロソフト ダウンロードセンターから配布されている。そのため、特に互換性などの支障がなければ、最新のService Packが適用済みのインストーラーを利用した方が、セットアップは簡単に済む。各インストーラーのダウンロードリンクを以下に記す。

●.NET Frameworkなどのコンポーネント更新が必要な場合がある

 更新が必要なのはWindows OSやSQL Server本体に限らない。.NET FrameworkやWindowsインストーラーなどの更新が必要な場合がある。もっとも、インターネット接続の可能な環境であれば、SQL Serverのインストーラーが自動的に必要なコンポーネントをダウンロードして更新してくれることが多い。

 ただしSQL Server Expressエディションは、事前に必要なコンポーネントを更新しなければならない場合がある。詳細については、本稿末尾の「関連リンク」の各ページを参照していただきたい。

●インストール済みのSQL Serverのバージョンを確認する方法

 システム移行の際には、既存のシステムにインストール済みのSQL Serverのバージョンを確認する必要がある。しかしSQL Serverは、単一のシステムに複数のバージョンが混在できることもあり、その確認・取得は意外と難しい。詳細は次のページが大変参考になる。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。