特集
» 2014年09月17日 11時28分 公開

Googleドライブ活用:Googleドライブをファイルサーバーとして活用するノウハウ教えます (1/2)

企業ユーザーでもファイルサーバーとしてGoogleドライブなどを活用する例が増えている。オンラインストレージを利用することで、社外からでもスマートフォンを利用してデータにアクセスできるなど、利便性も向上する。本稿では、Googleドライブを例にオンラインストレージをファイルサーバーとして活用する際の手順や留意点などを紹介する。

[嘉城郷,著]
Googleドライブ活用
Windows Server Insider

 

「Googleドライブ活用」のインデックス

連載目次

 クラウドサービスの急速な普及やWindows Server 2003のサポート終了(2015年7月15日終了予定)などに伴い、オンラインストレージ(クラウドストレージ)市場が急速な伸びを見せている。GoogleのGoogleドライブやMicrosoftのOneDrive、DropboxのDropbox、AmazonのAmazon Cloud Driveなど、実に多くの企業がオンラインストレージサービスを提供しており、コンシューマーだけでなく企業ユーザーの利用も増えているようだ。オンラインストレージを利用することで、社外からでもスマートフォンを利用してデータにアクセスできるなど、利便性も向上する。

日本国内のクラウドストレージ市場の売上額予測 日本国内のクラウドストレージ市場の売上額予測
IDC Japanのレポート「国内Storage in the Cloud市場動向および予測を発表」より。日本国内のオンラインストレージ(クラウドストレージ)市場の売上額予測をまとめたもの。レポートによれば、2012年〜2017年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は29.9%、2017年の市場規模を423億5400万円になるという。

 そこで本稿では、Googleドライブを取り上げ、ファイルサーバーの置き換えとして導入する際の手順と留意点を解説する。なおGoogleドライブは、無償版の「Gmail.com」に含まれている他、有償版の「Google Apps for Work(旧称 Google Apps for Business)」や2014年6月に提供開始となった容量無制限の「Google Drive for Work(Google Apps Unlimited)」でも提供されている。

Google Apps for Workとは?

 2014年9月2日(米国時間)、Googleの企業向け部門となるGoogle EnterpriseをGoogle for Workに組織名変更(公式ブログにて発表 )したことに伴い、Google Apps for BusinessからGoogle Apps for Workへとサービス名称を変更した。提供される機能や価格は変わらず、年契約の場合は1ユーザー当たり500円/月、月契約の場合は1ユーザー当たり600円/月となっている。


Google Drive for Workとは?

 2014年6月26日(米国時間)にGoogle最大のイベントとなるGoogle I/Oで発表された新サービス。Google Apps for Workの全サービスに加えて、容量無制限のストレージ、メールやファイルのアーカイブサービスとなるGoogle Vault、より詳細な監査ログや監査レポートなどの高度なセキュリティ機能が含まれている。価格は、年契約・月契約ともに1ユーザー当たり1200円/月となっている。


Googleドライブの概要と提供形態ごとの違いを整理する

 「Googleドライブ」は2012年4月から提供されているオンラインストレージである。GoogleドライブにはWindows OS、Mac OS、Chrome OS、iOS、Android、Linuxなどのあらゆるプラットフォームからインターネットを経由してアクセスできる。Googleドライブの使い方などについては、「オンラインストレージ『Googleドライブ』入門」を参照のこと。

Googleドライブの画面 Googleドライブの画面
Googleドライブはファイルやフォルダーによる管理ができる他、ユーザーが行った操作履歴なども確認できる。

 Googleドライブは以下のような特徴を持っている。

■機能(1):ファイルやフォルダーのアップロード
 最大5Tbytesと非常に大きなサイズのファイルをアップロードできる他、格納している各ファイルには詳細なアクセスコントロールが可能なため、作業内容を適切な相手と共有できる。

ファイルやフォルダーのアップロード(左)と共有設定(右)ファイルやフォルダーのアップロード(左)と共有設定(右) ファイルやフォルダーのアップロード(左)と共有設定(右)。最大5Tbytesと非常に大きなファイルのアップロードができるほか、無償版Gmail.comユーザーやGoogle AppsユーザーなどのGoogleアカウントとファイルを共有できる。

■機能(2):格納ファイルのプレビュー表示
 画像、HD動画、Microsoft Office、Adobe Illustrator、Adobe Photoshopなど、30種類を超えるファイルをそのまま表示できる。

Googleドキュメント 文書、スプレッドシート、プレゼンテーション、図形描画、フォーム
画像 .JPEG、.PNG、.GIF、.TIFF、.BMP
動画 WebM、.MPEG4、.3GPP、.MOV、.AVI、.MPEGPS、.WMV、.FLV、.ogg
テキストファイル .TXT
マークアップ/コード .CSS、.HTML、.PHP、.C、.CPP、.H、.HPP、.JS
Microsoft Office .DOC、.DOCX、.XLS、.XLSX、.PPT、.PPTX
Adobe Portable Document Format .PDF
Apple Pages .PAGES
Adobe Illustrator .AI
Adobe Photoshop .PSD
Tagged Image File Format .TIFF
Autodesk AutoCAD .DXF
Scalable Vector Graphics .SVG
PostScript .EPS, .PS
TrueType .TTF
XML Paper Specification .XPS
アーカイブ ファイルの種類 .ZIP、 .RAR
Googleドライブでプレビュー可能なファイル形式

■機能(3):ファイルの検索
 Googleドライブの格納されている各種ファイルやフォルダーは、Googleドライブの画面上部にある検索ボックスからキーワード検索や下表の検索オプションによる絞り込み検索が可能だ。

オプション 説明
""(引用符) 完全に一致する語句を含むドキュメントの検索 "この語句と完全一致"
OR 指定した単語の少なくとも1つを含むドキュメントの検索 タコス OR ナチョス
-(ハイフン) 特定の単語を含まないドキュメントの検索。「アットマーク」ではなく「アット」に関するドキュメントを検索するには、右例のように指定する アット -マーク
owner:
from:
特定のユーザーがオーナーのドキュメントや、特定のユーザーからの共有ドキュメントの検索 owner:test@exsample.com
from:test@exsample.com
to: 他のユーザーへの共有ドキュメントの検索 to:test@exsample.com
is:starred スターを付けたアイテムの検索 is:starred
is:trashed ゴミ箱に移動したアイテムの検索

このオプションはより軽快になり、パソコン上での操作性向上のためにユーザーインターフェースが変更された新しいGoogleドライブのみで利用可能
is:trashed
type: ドキュメントの種類での検索。対象となる種類: folder、document、spreadsheet、presentation、pdf、image、video、drawing、form、script、table type:spreadsheet
before:YYYY-MM-DD after:YYYY-MM-DD 特定の日より前(または後)に編集されたアイテムの検索 before:2014-08-01
after:2014-08-01
title: アイテムのタイトルでの検索 title:"議事録 2014"
app: 特定のアプリで開くことができるアイテムの検索

新しいGoogleドライブのみで利用可能
app:"Google ドキュメント"
source:domain ユーザーの検索可能なアイテムのデフォルト設定の代わりに、ユーザーのドメインに一般公開で共有されたアイテムを検索する

新しいGoogleドライブのみで利用可能
source:domain
Googleドライブの検索オプション

■機能(4):Googleドキュメントによるファイルの作成と編集
 Googleドライブには、Microsoft OfficeのWord、Excel、PowerPoint相当のワープロ、表計算、プレゼンテーション作成が可能なGoogleドキュメントが含まれている(Googleドキュメントについては「Googleドキュメントの互換性を検証」参照のこと)。Googleドキュメントは、各ドキュメントの作成や編集に専用ソフトウェアは必要なく、ブラウザーのみで利用できる。保存できるドキュメントの容量は無制限で、最大50人までの同時編集が可能、Word/Excel/PowerPoint形式やPDF形式へのファイル変換、それらのファイルからGoogleドキュメントへの変換など、共同作業を支援するための多くの機能を標準で搭載している。

Googleスプレッドシート Googleスプレッドシート
Googleドキュメントの表計算を行うサービスで、関数、ピボットテーブル、グラフなどはもちろんのこと、マクロに相当するGoogle Apps Scriptも利用可能である。

■機能(5):ファイルの共有とアクセス権の設定
 Googleドライブに格納されているファイルやフォルダーは、無償版Gmail.comやGoogle AppsユーザーなどGoogleアカウントを持つユーザーと厳密なアクセス権設定の元で共有することができる。用意されているアクセス権の種類は「オーナー」「閲覧者」「コメント可」「編集者」の4種類となる他、「ウェブ上で一般公開」「リンクを知っている全員への公開」「組織ドメイン内での限定公開」など共有範囲を広域に設定することもできる。

Googleドライブのファイルの共有設定Googleドライブのファイルの共有設定 Googleドライブのファイルの共有設定。左画面が無償版Gmail.com、右画面がGoogle Apps for WorkとGoogle Drive for Workの共有範囲の設定画面。Googleドライブではファイルの共有相手や範囲を設定するメニューが用意されているが、このように無償版Gmail.comでは設定できる範囲が限定される。

 その他、Google Apps for WorkやGoogle Drive for Workを利用するビジネスユーザーは、管理コンソールを利用することで組織内のユーザーによる外部とのファイル共有の可否を制御することも可能となる。

管理コンソールで設定可能な共有オプションのメニュー 管理コンソールで設定可能な共有オプションのメニュー
Google Apps for WorkやGoogle Drive for Workを利用するビジネスユーザーは、管理コンソールから組織外へのファイル共有を制御できる。

提供サービスごとのGoogleドライブの違い

 Googleドライブは、前述の通り無償版Gmail.com、Google Apps for Work、Google Drive for Workのそれぞれで提供されるが、提供サービスごとにいくつかの機能の違いがある。

 例えば格納容量のサイズは、無償版Gmail.comが15Gbytes(追加料金を支払えば最大30Tbytesまで拡張可能)、Google Apps for Workが30Gbytes(追加料金を支払えば最大30Tbytesまで拡張可能)、Google Drive for Workが無制限(ただし、4ユーザーまでの場合は1ユーザー当たり1Tbytes)となる。

 以下に、それぞれの提供サービスごとの違いを整理する。

  無償版Gmail.com Google Apps for Work Google Drive for Work
ストレージ容量 15Gbytes 30Gbytes 無制限

4ユーザー以下は1ユーザー当たり1Tbytes
追加ストレージの購入時の最大容量 30Tbytes 30Tbytes 無制限
アップロード可能な最大ファイルサイズ 5Tbytes 5Tbytes 5Tbytes
Googleドキュメントの容量カウント 無制限 無制限 無制限
ファイルの共有設定 可能 可能 可能
ファイルの共有設定の制御 不可 可能 可能
ファイルの所有権の一括移管 不可 可能 可能
Googleドライブアプリケーションの利用 可能 可能 可能
Googleドライブアプリケーションの利用制限 不可 可能 可能
オフライン設定 あり あり あり
ウイルススキャン あり あり あり
GoogleドライブAPI なし あり あり
使用状況レポート なし あり あり
セキュリティレポート なし あり あり
監査レポートと監査API なし なし あり
アーカイブ(Google Vault) なし なし あり
サービスレベル契約(SLA) なし 99.9% 99.9%
テクニカルサポート なし 24時間364日 24時間364日
Googleドライブの提供サービスごとの機能の違い

 上表の通り、無償版Gmail.comのGoogleドライブとGoogle Apps for WorkのGoogleドライブは、管理機能の有無やSLA、テクニカルサポートの提供という面が大きな違いとなる。一方で、Google Drive for WorkのGoogleドライブは、容量が無制限なだけでなく、アーカイブや詳細な監査レポートなど高度なファイル管理機能が提供される。

Google Vaultによるファイルアーカイブ Google Vaultによるファイルアーカイブ
Google Vaultではメールのアーカイブだけでなく、Googleドライブ上の全てのファイルをアーカイブとして保持しておき、必要に応じて検索、エクスポートなどが行える。企業のコンプライアンス対応にも適用可能だ。

Google Drive for Workドライブ監査レポート Google Drive for Workドライブ監査レポート
Google Drive for WorkのGoogleドライブでは、管理コンソールから全てのユーザーのファイル操作履歴(閲覧、作成、編集、移動、削除、アクセス権変更など多数のログを取得可能)を監査レポートとして確認することができる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。