連載
» 2014年09月18日 18時00分 UPDATE

VBA/マクロ便利Tips:Excelグラフの表示位置と大きさの指定&統一

業務効率化に役立つVBA/マクロのさまざまなTipsをコード例を交えて紹介していきます。今回は、AddChartメソッドのさまざまな引数で表示位置と大きさを指定する方法や、グラフの端をそろえるChartObjects.Leftプロパティ、大きさを統一するChartObjects.Width/Heightプロパティなどの使い方について。

[薬師寺国安,ITmedia]
「VBA/マクロ便利Tips」のインデックス

連載目次

※本Tipsの環境:Windows 8.1 Enterprise(64ビット)+Excel 2013


 今回は、グラフの表示位置と大きさを指定するVBAを紹介する。何も設定しなければ、グラフはデータの表示位置から遠くかけ離れた位置に表示され、グラフの大きさもデフォルト(?)の大きさで表示されるようだ。

 Tips「折れ線、円、面、ドーナツ、3Dなど、さまざまな種類のExcelグラフの作り方」でグラフの表示位置を筆者が手動で移動させたのも、そのためだ。やはりグラフの表示位置や大きさは、データと関連してそれなりのものにしなければ、美しいグラフ付きの資料は作成できない。その美しい資料作りのためのグラフの表示方法を紹介しよう。

グラフの表示位置を指定する

 初めに、グラフの表示位置を指定する方法について解説する。

 図1のような「担当者」と「売上金額」が入力されたセルと、グラフの表示位置を入力するセルと「実行」ボタンがあったとする(図1)。

ExcelVBATipsGraph2_01.png 図1 「担当者」と「売上金額」が入力されたセルと、グラフの表示位置を入力するセルと「実行」ボタンが配置されている

 図1のデータを基に、グラフを指定した位置に表示してみよう。

 グラフの表示位置を指定する書式は下記のようになる。

グラフの表示位置を指定する書式

{オブジェクト}.AddChart Left:={グラフの左端の位置},Top:={グラフの上端の位置}


 {オブジェクト}には、Shapesオブジェクトを指定する。この書式を基に、実際にマクロを記述してみよう。

 VBE(Visual Basic Editor)のメニューから、[挿入]→[標準モジュール]と選択する。プロジェクトに「Module1」が追加されるので、「Module1」をダブルクリックして、表示されるエディター画面内にリスト1のコードを記述する。

Option Explicit
Sub 任意の位置にグラフを表示()
  Range("B3:C14").Select
  If ActiveSheet.ChartObjects.Count > 0 Then
    ActiveSheet.ChartObjects(1).Delete
  Else
    If Range("F2").Value = "" Then
      MsgBox ("位置を入力!")
    Else
      With Range(Range("F2").Value)
        ActiveSheet.Shapes.AddChart Left:=.Left, Top:=.Top
      End With
    End If
  End If
End Sub
リスト1 指定した位置にグラフを表示するコード

 まず3行目でグラフ化する範囲、セル「B3」から「C14」までを選択している。この記述を忘れるとグラフは表示されない。

 もしアクティブシートの上に、すでにグラフが存在している場合は、5行目で、そのグラフを削除するようにしている。グラフが存在していない場合は7〜13行目の処理を行う。

 7行目で「位置指定」の入力欄に何か入力されているかどうか判定し、入力されていない場合は8行目でメッセージを表示し、正しく入力されていた場合は10〜12行目で指定したセルを左上とした位置にグラフを表示させる。

 このマクロを図1の「実行」ボタンに関連付け実行すると、図2のように表示される。

ExcelVBATipsGraph2_02.png 図2 指定した位置にグラフが表示された

 「位置指定」で指定したセルを「左上」にしたグラフが表示される。特にグラフの種類を指定しなかった場合は、デフォルトの棒グラフで表示される。

グラフの大きさを指定する

 次に、グラフの大きさを指定する方法を紹介しよう。新しく「グラフの大きさ」というシートを追加して、図1のデータと「位置指定」をコピーしておき、新たに「グラフの大きさ」という入力セルを追加する。「実行」ボタンも配置しておこう(図3)。

ExcelVBATipsGraph2_03.png 図3 データと「位置指定」、「グラフの大きさ」を入力するセルと、「実行」ボタンを配置した

 「グラフの大きさ」を指定する場合は、「セルの範囲」で指定する。例えば、VBAで「Range("E4:K14")」と指定すると、その範囲に収まるようにグラフが表示されるようになる。

 ここで注意しなければならないのは、例えばグラフの大きさを「E4:K14」のセルの範囲に収まる大きさにする場合、「位置指定」には当然左上のセルである「E4」を指定することになる。そのため、「グラフの大きさ」には「K14」だけを指定すればいい。すると、「E4」セルを左上として、「E4:K14」のセルの範囲に収まるグラフが表示される。

 グラフの大きさを指定する書式は下記のようになる。

グラフの大きさを指定する書式

{オブジェクト}.AddChart Left:={グラフの左端の位置},Top:={グラフの上端の位置},Width:=Range({グラフを表示する範囲の幅}).Width,Height:=Range({グラフを表示する範囲の高さ}).Height


 {オブジェクト}には、Shapesオブジェクトを指定する。LeftとTopには、位置を指定し、WidthとHeightには、グラフの大きさを指定する。

 先ほど追加したModule1内に、グラフの大きさを指定するリスト2のコードを追加しよう。

Sub グラフの大きさ()
  Range("B3:C14").Select
  If ActiveSheet.ChartObjects.Count > 0 Then
    ActiveSheet.ChartObjects(1).Delete
  Else
    If Range("F2").Value = "" Or Range("I2").Value = "" Then
      MsgBox ("位置または大きさを入力!")
    Else
      With Range(Range("F2").Value)
        ActiveSheet.Shapes.AddChart Left:=.Left, Top:=.Top, Width:=Range(Range("F2").Value & ":" & Range("I2").Value).Width, Height:=Range(Range("F2").Value & ":" & Range("I2").Value).Height
      End With
    End If
  End If
End Sub
リスト2 グラフの大きさを表示するコード

 データをグラフ化する処理と、すでにグラフが存在していた場合、そのグラフを削除するのはリスト1と同じだ。

 「位置指定」や「グラフの大きさ」のセルに値が入力されていない場合は、警告メッセージを表示する。それ以外は9〜11行目の処理を行う。

 10行目では、書式にのっとって、「位置指定」に入力された位置を「左上」とし、「グラフの大きさ」は、「位置指定」に指定された値と、「グラフの大きさ」に指定されたセルの範囲に、グラフを表示している。WidthとHeightに指定する値は同じだ。図4の場合は「E4:K14」の範囲の大きさのグラフが表示される。

 リスト2のマクロを図3の「実行」ボタンに関連付け実行すると、図4のように指定した位置で、指定した大きさの範囲(E4:K14)に、グラフが表示される。

ExcelVBATipsGraph2_04.png 図4 「実行」ボタンクリックで、指定した位置で、指定した大きさの範囲にグラフが表示された

グラフの端をそろえるChartObjects.Leftプロパティ

 続いて、グラフの端をそろえる方法について解説する。

 図5のような各月の売上をグラフにしたデータと、「グラフの整列」というボタンがあったとしよう。

ExcelVBATipsGraph3_01.png 図5 各月の売上をグラフにしたデータと、「グラフの整列」というボタンを配置した

 図5のデータを元に、「4月売上金額」のグラフを基準として、残り2つのグラフの左端をそろえてみよう。

 下記は、グラフの端をそろえる書式だ。

グラフの端をそろえるChartObjects.Leftプロパティの書式

ActiveSheet.ChartObjects.Left = {左にそろえる位置}


 複数配置されているグラフを、全て同じ位置にそろえる場合は、ChartObjectsのLeftやTopプロパティの値を、基準とするグラフのLeftやTopプロパティに合わせる。今回は「4月売上金額」のグラフを基準としている。

 これを基に、実際にマクロを記述してみよう。Module1内に、グラフの大きさを指定するリスト3のコードを追加しよう。

Option Explicit
Sub グラフの左端をそろえる()
  Dim i As Integer
  If ActiveSheet.ChartObjects.Count = 0 Then
    MsgBox "グラフがありません。"
    Exit Sub
  Else
    For i = 2 To ActiveSheet.ChartObjects.Count
      ActiveSheet.ChartObjects(i).Left = ActiveSheet.ChartObjects(1).Left
    Next
  End If
End Sub
リスト3 「4月売上金額」のグラフを基準にして、残り2つのグラフの左端をそろえるコード

 まず3行目で、Integer型の変数「i」を宣言する。

 次に4行目で、ChartObjectsのCountプロパティを使いアクティブシート上に配置されているグラフの個数を取得し、個数が0かどうか判定する。グラフがない場合は警告メッセージを発して処理を抜ける。それ以外は8〜10行目の処理を行う。

 8〜10行目では、変数「i」を、2から配置されているグラフの個数分反復処理を行っている。2から開始するのは、1番目のグラフは基準となるグラフ(4月売上金額のグラフ)で、このグラフの左端をそろえる必要はないからだ。

 9行目では、変数「i」に該当する、アクティブシートのChartObjectsのLeftプロパティを、1番目のグラフである「4月売上金額」のグラフの左端とそろえる。

 このマクロを図5の「グラフの整列」ボタンに関連付け実行すると、図6のように表示される。

ExcelVBATipsGraph3_02.png 図6 「4月売上金額」を基準として、残り2つのグラフの左端がそろえられている

グラフの大きさを統一するChartObjects.Width/Heightプロパティ

 最後に、複数のグラフが配置されていて、グラフの大きさを統一する方法を紹介しよう。

 「グラフの大きさをそろえる」という新しいシートを追加して、図5のデータをコピーしておき、大きさの異なったグラフを作成し、「グラフの大きさをそろえる」ボタンも配置しておく(図7)。今回も、1番目のグラフ(4月売上金額)を基準にして大きさをそろえてみよう。

ExcelVBATipsGraph3_03.png 図7 大きさの異なった3つのグラフが配置されている

 この場合のグラフは、大きさは異なっているが、左端はそろっているものとする。また上の位置もデータの上の位置とそろっている必要がある(赤線)。

 グラフの大きさを統一する場合は、ChartObjectsのWidthと、Heightプロパティを、基準とするグラフに合わせる。

グラフの大きさを統一するChartObjects.Width/Heightプロパティの書式

ActiveSheet.ChartObjects.Width = {幅}

ActiveSheet.ChartObjects.Height = {高さ}


 先ほど追加したModule1内にリスト4のコードを記述する。

Sub グラフの大きさをそろえる()
  Dim i As Integer
  If ActiveSheet.ChartObjects.Count = 0 Then
    MsgBox "グラフがありません。"
    Exit Sub
  Else
    For i = 2 To ActiveSheet.ChartObjects.Count
      ActiveSheet.ChartObjects(i).Width = ActiveSheet.ChartObjects(1).Width
      ActiveSheet.ChartObjects(i).Height = ActiveSheet.ChartObjects(1).Height
    Next
  End If
End Sub
リスト4 グラフの大きさを統一するコード

 グラフが存在していなかった場合の処理はリスト3と同じだ。

 7〜10行目で書式にのっとって、アクティブシートのChartObjectsの変数「i」に対応する、WidthとHeightプロパティの値を、1番目のグラフ(4月売上金額)のWidthとHeightと同じにする。これで、残り2つのグラフのサイズが1番目のグラフと同じになる。

 もし、残り2つのグラフの左端がそろっていない場合は、リスト3のコードを追加する必要がある(後述)。その場合は、左端とグラフの大きさは期待通りに表示されるが、グラフが一部重なって表示される場合があるので、残り2つのグラフの位置をうまく調整しておく必要がある。

 リスト4のマクロを図7の「グラフの大きさをそろえる」ボタンに関連付け実行すると、図8のようにグラフの大きさが1番目のグラフの大きさと同じに表示される。

ExcelVBATipsGraph3_04.png 図8 グラフが全て同じ大きさで表示された

 図7で、左端がそろっていなかった状態のときは、リスト4に、リスト3で用いた下記コードを追加する必要がある。

ActiveSheet.ChartObjects(i).Left = ActiveSheet.ChartObjects(1).Left

 しかし、これを追加しただけでは、「グラフの大きさをそろえる」ボタンをクリックすると、図9のようにグラフの一部が重なって表示されてしまう。

ExcelVBATipsGraph3_05.png 図9 グラフが全て同じ大きさで、左端もそろって表示されが、グラフが一部重なっている

 赤枠で囲った部分にグラフが重なってしまった。グラフの大きさは同じサイズで、左端もそろっているので、手動でドラッグ&ドロップして位置を調整するといいだろう。

まとめ

 これまでのTipsではグラフを表示する場合、筆者が個別に見栄えの良い位置まで移動させてスクリーンショットを撮っていたのだが、このように、任意の位置で、指定した範囲内の大きさでグラフが表示されれば、何の手間も掛けずに見栄えの良い資料が作成できる。

 このサンプルでは「位置指定」「グラフの大きさ」を入力するセルをデータのそばに配置しているため、資料として使用する場合は、これらのセルは邪魔になる。そういった場合は、印刷範囲に収まる領域から、「位置指定」や「グラフの大きさ」を入力するセルを外して作成しておくと良い。

 ぜひ今回紹介したTipsも、日常の業務に取り入れてもらいたいと思う。

著者プロフィール

kuniyasu.jpg

薬師寺 国安(やくしじ くにやす) / 薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basicプログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。

1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。

1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット「PROJECT KySS」を結成。

2003年よりフリーになり、PROJECT KySSの活動に本格的に参加。.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。

Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindowsストアアプリを多数公開中。

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev(Oct 2003-Sep 2012)。

Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。

Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。