連載
» 2014年10月02日 18時00分 公開

iPhone 6/6 Plusアプリ開発入門(1):開発者が知っておきたいiOS 8の新機能&Xcode 6のインストールと基本的な使い方 (2/4)

[平屋真吾,クラスメソッド株式会社]

Xcode 6のインストール

 それでは、Xcodeをインストールしましょう。今回は、原稿執筆時点(2014年9月26日)での最新バージョンであるXcode 6.0.1をインストールします。また、MacのOSは、OS X 10.9.5を使用します。

 Mac App StoreからXcodeのインストールを行いますので、DockからMac App Storeを起動します。

図1 Mac App Storeの起動

 Mac App Storeを起動したら、ウィンドウ右上にある検索ボックスに「Xcode」と入力し、検索を実行します。

図2 検索バーに「Xcode」を入力して検索

 検索結果のリストにXcodeが表示されるかと思います。Xcodeの欄の中にある[無料]と書かれたボタンをクリックすると、[APPをインストール]に変わるので、もう一度クリックします。

図3 [無料]ボタン、[APPをインストール]ボタンをクリック

 以下のダイアログが表示されるかと思います。お手持ちのApple IDとパスワードを入力しサインインします(Apple IDを作成していない場合は作成してください)。

図4 Apple IDにサインイン

 サインインが完了すると、[APPをインストール]と書かれていたボタンが[インストール中]になり、インストールが開始されます。

 しばらくしてXcodeのインストールが完了すると、[インストール中]と書かれていたボタンが[インストール済み]になります。これで、Xcodeのインストールは完了です。

図5 Xcodeインストール完了

Xcodeを起動する

 早速、インストールしたXcodeを起動してみましょう。DockのLaunchpadからXcodeを起動してみます。

図6 Launchpadの起動

 Launchpadが起動したら、XcodeのアイコンをクリックしてXcodeを起動します。

図7 Xcodeを選択

 すると、Xcodeのライセンス規約画面が表示されます。ライセンス規約を読んで問題なければ[Agree]ボタンをクリックします。

図8 Xcodeのラインセンス規約を確認する

 Xcodeからの変更を許可していいか聞かれたら、パスワードを入力して[OK]をクリックします(パスワードは、OS Xのユーザーアカウントのパスワードです)。

図9 Xcodeからの変更を許可する

 必要なソフトウェアのインストールが行われ、以下のような[Welcome to Xcode]画面が表示されれば、Xcodeの起動は完了です。

図10 Welcome to Xcode画面

Tips「XcodeをDockに追加する」

 Xcodeを起動するのに毎回Launchpadを起動するのは面倒なので、XcodeをDockに追加しましょう。

 Dockの追加は、Dockに表示されているXcodeアイコンを右クリックして[オプション]→[Dockに追加]で行います。

図11 XcodeをDockに追加

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。