ニュース
» 2014年10月02日 09時00分 UPDATE

料金はほぼ半額に値下げ:IIJのPaaS「MOGOK」、ファイルサーバ機能を追加

IIJ GIO MOGOKに、既存アプリケーションに改変を加えずデータを保存できるファイルサーバ機能が加わった。データベースではPostgreSQL、mongoDBが追加。料金の値下げ、最大2ヶ月間の無償利用キャンペーンも発表した。

[三木 泉,@IT]

 IIJは2014年10月2日、Ruby PaaSの「IIJ GIO MOGOK」で、実行環境上で利用できるファイルサーバ機能を追加した。また、アプリケーション専用データベースとしてこれまでのMySQLに加えPostgreSQL、mongoDBの提供を開始、さらに料金を全メニューでほぼ半額にした。あわせて、MOGOKのほとんどのサービスを、最大2カ月間無料で利用できるキャンペーンを開始した。

 PaaSでは、アプリケーションがローカルファイルシステムにデータを永続的に保存することができない。一時保存が可能でも、インスタンスが停止するとデータは消えてしまう。データ保存には外部のストレージサービスを使うというのが「常識」になっている。だが、既存のアプリケーションはこのため改変しなければならない。

 IIJはMOGOKにファイルサーバサービスを追加。アプリケーションが稼働するWebインスタンスとは別のサーバが提供するファイルストレージを、アプリケーションからローカルファイルシステムであるかのようにアクセスできるようにした。複数のWebインスタンスがこのデータを共用できるため、スケーリングも可能。このファイルサーバには、インターネット経由でWebDAVによる直接アクセスもできる。

 ファイルサーバの料金は、100GBで月額1万1000円(税別)など。

 MOGOKではまた、各アプリケーションに専用のデータベース機能を提供する「専用DBサーバ」で、MySQLに加えてPostgreSQL、mongoDBを追加した。また、専用DBサーバでは、memcachedを使えるようになった。

価格を改定、キャンペーンを提供開始

 MOGOKでは、既存のすべてのサービスメニューを約50%値下げした。これにより、例えばWebインスタンス、Jobインスタンス、Workerインスタンスはそれぞれ、1インスタンス当たり1400円になった。

 IIJはさらにMOGOKの無償提供キャンペーンを提供開始(書面による契約限定)。Webインスタンス、Jobインスタンス、Workerインスタンスは数量制限がない。専用DBサーバ、ファイルサーバはどのメニューでも選択可能。さらに独自ドメインSSL機能も無償。

 無償期間は書面による契約日から、翌月末まで。申込期間は2014年12月26日までとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。