ニュース
» 2014年10月09日 18時00分 UPDATE

アップルのPer-App VPNに対応:アプリ単位でリモートアクセス、デル・ソニックウォールがSSL-VPNに新機能

個人データのプライバシー保護しつつ、安全にBYODを実現する——デル・ソニックウォールのSSL-VPN製品に新たな機能を追加したOSがリリースされた。

[宮田健,@IT]

 デル・ソフトウェアは2014年10月9日、同社の「SonicWALL E-Class Secure Remote Access」(SRA)シリーズのOS「Dell Secure Mobile Access 11.1.0」の提供開始を発表した。新バージョンのOSにより、新たにCAPTCHA機能の追加やHTML5によるリモートデスクトップ(RDP)アクセス、および「Per-App VPN」に対応する。

tm_sonicwall01.jpg デル・ソフトウェア リージョナルセールスディレクター 藤岡健氏

 SRAはデルが提供する「Enterprise Mobility Management」ソリューションの一部で、社内リソースへのセキュアなアクセスを実現するためのSSL-VPN製品だ。デル・ソフトウェア リージョナルセールスディレクターの藤岡健氏は、1日8時間の労働時間のうち、20%以上の業務をリモートで行うテレワーカーの数は、日本の労働人口の21.2%であること、2012年度時点で日本には1400万人弱のテレワーカーが存在し、今後も増えていくとするIDC Japanの調査資料を示した。

 新たにリリースされたDell Secure Mobile Access 11.1.0は、新機能としてCAPTCHA機能の搭載、iOSやAndroidなどモバイルプラットフォームのHTML5対応ブラウザからWindows/Citrix用のリモートデスクトップアクセスを行う機能の追加、またアップルがiOS7から提供しているPer-App VPNへの対応が含まれる。

 Per-App VPNは、iOSのモバイルアプリケーション単位でVPNアクセスを許可させることができるもの。アプリケーションの変更やSDKを使用することなく、アプリケーションのシグネチャを基に正当性を確認し、端末、ユーザーを認証する。これにより、従業員の個人デバイスをBYODで利用する際にも、個人デバイスのプライバシーを守りつつ、脅威を阻止しモバイルワーカーの生産性を向上できるとしている。

tm_sonicwall03.jpg Per-App VPNアクセスコントロールにおいてiOSアプリも対応。従業員が所有するデバイスでも業務/個人の利用を切り分けられる
tm_sonicwall02.jpg 米デルソニックウォール プロダクトマネージメントコンサルタント マシュー・ディークマン氏

 社内の重要なデータに対しては、SSL-VPNを使って社内リソースにアクセスできるデルの提供するアプリ「Mobile Connect」を利用する(AppStore/Google Play/Amazonアプリストア/Windowsストアから入手可能)。

 米デル・ソニックウォール プロダクトマネージメントコンサルタント マシュー・ディークマン氏は、「BYODの課題としては、個人とビジネスとのデータを分けること、企業データの損失がないようにすること、マルウェアの攻撃から身を守ること、個人データのプライバシーを保護することなどが挙げられる。これらにどう対応するかを常に考えて製品を作っている」と述べた。

 SRA 11.1.0の対象となる製品は「E-Class SRA EX6000」「同EX7000」「同EX9000」および「SRA Virtual Appliance」。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。