連載
» 2014年10月16日 18時00分 UPDATE

ビジネスマナー研修<メール編:件名>(5):用件が2つあるときは「など」や「他(ほか)」でまとめない

2つ用件があるのに、タイトルの付け方を間違えたせいで1つ分しか返事がもらえなかった。そんな事態を防ぐためには?

[藤田英時,@IT]

※この連載は「メール文章力の基本」(藤田英時著)の第1章を、著者と出版社の許可の下、一部修正して転載するものです。

ビジネスマナー研修<メール編>のインデックス

連載目次

 メールは1通につき、1つの用件を書くのが原則です。用件が2つある場合は、件名も2項目書くと内容がはっきりします。こちらも相手も、後でメールを参照したり検索したりするときに便利です。

悪い例

2回目のプレゼン資料作成他

良い例

2回目のプレゼン資料作成+打ち合わせ日時

 上記は、プレゼンテーションの資料作成に関して2つの用件がある場合の例です。件名を2項目書くには+(プラス記号)でつなぐと分かりやすいでしょう。

悪い例

請求書などのお願い

良い例

【お願い】請求書作成と契約書送付

 2つの項目を「と」でつなぐのも良いでしょう。「〜など」と書くのは、内容がすぐに相手に伝わらないのでやめましょう。

 なお、用件を2項目書く場合は、上記の例のように互いに関連のあるものに限ります。まったく関係のないものの場合は、2つのメールに分けるべきです。

書籍紹介

メール文章力の基本

メール文章力の基本

藤田英時著
日本実業出版社 1300円(税別)

仕事のできる人がやっている「短く」「分かりやすく」「見やすい」メールが書ける77のルールを「良い文例・悪い文例」を対比する構成で紹介する。

藤田英時

コンピューター、インターネット、英語を得意とするジャーナリスト、ライター。米国ベイラー大学でコミュニケーションを専攻後、西南学院大学文学部外国語学科英語専攻卒業。翻訳出版、書籍編集・執筆、マニュアル制作、プログラム開発、技術サポート、大学で情報処理の指導など、幅広く活躍中。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。