連載
» 2014年10月27日 17時00分 UPDATE

AWS Tips:複数のアベイラビリティゾーンを利用し、EC2を冗長化する

アベイラビリティゾーン(AZ)と呼ばれる複数のデータセンターを利用することで、冗長構成を簡単に組むことができます。

[宮澤慶,@IT]

 これまでの物理環境では、物理的にデータセンターを分けて冗長化を行いたい場合、複数のデータセンターのラックを借りて、そこにサーバーなどを導入、インストールなどを行う必要があり、かなり手間がかかりました。

 Amazon Web Services(AWS)のAmazon EC2は、アベイラビリティゾーン(AZ)と呼ばれる複数のデータセンターを利用することができ、簡単に複数のAZを利用した冗長構成を組むことが可能になります。

アベイラビリティゾーンとは

 アベイラビリティゾーンとは、AWSの各リージョンに存在するデータセンターです。各リージョンには複数のアベイラビリティゾーンが存在しており、それぞれにAmazon EC2などを配置することで、地理冗長化を簡単に行うことができます。

 アベイラビリティゾーンは、お互いに影響を受けないように、地理、電源、ネットワーク的に分離されています。また、各アベイラビリティゾーンは高速専用線で接続されています。

awstips13_01.gif

Amazon EC2起動時にZoneを選択する

 Amazon EC2を複数のZoneに設置するのは簡単です。EC2インスタンス起動時に、以下のようにZoneを選ぶ項目があり、WebサーバーなどをそれぞれのZoneにLaunchすることで、簡単に地理的に離れたデータセンター間に複数のサーバーを構築できます。

awstips13_02.png

Elastic Load Balancerを複数のZoneに配置する

 Elastic Load Balancer(ELB)では、Amazon EC2インスタンスへの負荷分散を行うことができます。これにより、複数アベイラビリティゾーンのAmazon EC2インスタンスへ負荷分散を行うことができます。

 ELBを作成する際に、以下のように「Selected Subnet」に複数Zoneのサブネットを割り当てることで設定ができます。

awstips13_03.png

 また、作成済みのELBは、以下からサブネットの追加、変更が可能です。

awstips13_04.png

 これにより、片方のAWSのデータセンターが万が一機能しなくなった状態になったとしても、サービスを継続することができます。

 EC2で複数のアベイラビリティゾーンを使うことで、物理環境では簡単には実現できなかった、複数拠点での冗長化構成を簡単に作成することができます。

awstips13_05.gif

宮澤 慶

サーバーワークス

クラウドインテグレーション本部 インプリメンテーション部 エンタープライズインプリメンテーションチーム 

得意としているサービス:

  • CloudDirectory
  • WorkSpaces
  • Zocalo
  • StorageGateway
  • VM Import
  • Windows

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。