連載
» 2014年11月12日 19時30分 UPDATE

Tech TIPS:WindowsでJRE(Java SE)をインストール/更新する場合は旧版や64bit版に注意

JRE(Java Runtime Environment)にはしばしば深刻な脆弱性を解消した更新版がリリースされるため、更新作業が必須だ。Windowsプラットフォームでは、特に旧版JREの扱いや32bit版/64bit版の違いに注意する必要がある。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
Tech TIPS
Windows Server Insider


「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象ソフトウェア:Windows 7/Windows 8/Windows 8.1、JRE(Java SE)



解説

 Windows OSがプレインストールされたPCを購入すると、Java実行環境として、オラクルのJRE(Java Runtime Environment)がインストールされていることがある。また企業内システムでも、JREを必要とする業務アプリケーションが稼働していることはよくある。

 しかしJREには、しばしば深刻な脆弱性が発覚してきたこともまた事実だ。既知の脆弱性を解消するため、常にJREを最新版にすることが推奨されている。

 そこで本稿では、Windows OSにインストール済みのJava SE(Java Standard Edition)版のJREを対象に、更新し損なって脆弱性が残留したりしないよう、注意すべき点や更新のコツについてまとめる。

操作方法

●手動でJREを更新する

 通常、インストール済みのJREより新しいバージョンがリリースされると、タスクバーの通知領域からJREの更新を促すメッセージが表示される。その指示に従うと最新版に更新できる。

 だが状況によっては、この通知が表示された時ではなく、別のタイミングで更新したいこともある。それには次の3種類の方法が考えられる。

■Javaコントロールパネルから更新を実行する

 コントロールパネルの「Java」あるいは「Java (32 ビット)」というアプレットをクリックすると、Javaコントロールパネルが現れる。その[更新]タブにある[いますぐ更新]ボタンをクリックすると、JREの更新を開始できる。

JavaコントロールパネルからJREを更新する JavaコントロールパネルからJREを更新する
これはコントロールパネルから「Java」あるいは「Java (32 ビット)」というアプレットを起動して表示された画面。
  (1)このタブを選ぶ。
  (2)これをクリックするとJREのインストールウィザードが起動する。あとは指示に従って進めれば、最新版のJREに更新できる。

 しかし、JREがバージョン8より前で、かつ64bit版(詳細は後述)の場合、この[更新]タブは表示されない。その場合は次の2種類の方法を試してほしい。

■java.comのWebサイトからオンラインで更新する

 JREの開発・配布元であるオラクルのjava.comサイトをWebブラウザーで開き、そこからオンラインでJREを更新することも可能だ。

 このページにある[Javaのバージョンの確認]ボタンをクリックし、指示に従って進めるとJREを最新版に更新できる。

java.comのサイトからオンラインでJREを更新する java.comのサイトからオンラインでJREを更新する
これはInternet Explorer(IE)でjava.comのJavaバージョン確認ページを開いたところ。
  (1)これをクリックすると、インストール済みのJREのバージョンがチェックされる。もし古いバージョンの場合は最新版のJREのインストールが勧められるので、指示に従って進めると最新版に更新できる。

 64bit版Windows OSの場合、この方法でJREを更新する際には、普段利用しているWebブラウザーでjava.comのサイトを開くこと。これはWebブラウザーによって、32bit版JREと64bit版JREのどちらかがインストールされるか、変わってくるからだ(32bit版/64bit版については後述する)。

■オフラインインストーラーを入手して更新する

 例えばインターネットに接続されていない環境では、上記の2種類の方法は利用できない。こうした場合は、インターネットに接続できるPCでJREのオフラインインストーラーをダウンロードして、更新対象のWindows PCにコピーして実行すればよい。オフラインインストーラーは次のWebページから入手できる。

java.comのサイトからJREのオフラインインストーラーをダウンロードする java.comのサイトからJREのオフラインインストーラーをダウンロードする
これはJREなどの最新版ソフトウェアのダウンロードページを開いたところ。
  (1)32bit版JREのオフラインインストーラー。32bit版Windows OSの場合は必ずこちらを選ぶ。
  (2)64bit版JREのオフラインインストーラー。64bit版Windows OSの場合、(1)とこれのどちらを選ぶかは、JREを必要とするアプリケーション次第だ(詳細は後述)。

●Ask.comのツールバーがインストールされるのを回避する

 執筆時点では、JREを更新する際、デフォルトでAsk.com提供のツールバーがIEにインストールされる。

 このツールバーが不要であれば、インストールウィザードの途中で表示される次の画面で、[Ask の検索アプリをInternet Explorerにインストール]のチェックを外してオフにする。これでウィザードを進めるとツールバーはインストールされない。

JREと一緒にAsk.comのツールバーがインストールされるのを回避する JREと一緒にAsk.comのツールバーがインストールされるのを回避する
これはJREのインストールウィザードの途中で表示される画面。JREにとって必須ではないので、このウィザードであえてインストールする必要はない。
  (1)ここのチェックを外してオフにする(デフォルトではオン)。

●最新版が自動的にダウンロードされるようにする

 JREをインストールすると、定期的に更新の有無がチェックされ、最新版がリリースされたら通知されるようになっている。デフォルトでは、通知を受けて更新のウィザードを進めると最新版のJREのモジュールがダウンロードされるため、ダウンロード完了を待つ必要がある。

 時間を節約するため、最新版がリリースされたら自動的にダウンロードまで完了させるには、Javaコントロールパネルの[更新]タブで設定を変更すればよい。

最新版のJREがリリースされたら自動的にダウンロードするための設定 最新版のJREがリリースされたら自動的にダウンロードするための設定
これはコントロールパネルからJavaコントロールパネルを開いたところ。
  (1)このタブを選ぶ。
  (2)デフォルトは「ダウンロード前」。これを「インストール前」に変更する。

●最新版のJREに更新しても古いバージョンが残留することがある

 JREは、同一のシステムに複数のバージョンが並存できる。

単一のWindows PCに複数のバージョンのJREがインストールできる 単一のWindows PCに複数のバージョンのJREがインストールできる
これは、あるWindows PCの[プログラムと機能]を開いたところ。JRE 6 Update 45とJRE 7 Update 67、そしてJRE 8 Update 20がインストールされていることが分かる。

 例えば特定のバージョンのJREでのみ実行できるアプリケーションがある、といった理由もなく、意図せず複数のバージョンが残っている場合は、最新版を残して古いバージョンを削除した方がよい。特にJRE 6以前はサポートが終了しており、新たな脆弱性が発覚しても無償で更新版は入手できない。

 古いJREをアンインストールする手順は、一般的なWindowsデスクトップアプリケーションと変わらない。コントロールパネルの[プログラムと機能]で該当バージョンのJREを選択して[アンインストール]をクリックし、あとは指示に従って進めればよい。

コントロールパネルからJREをアンインストールする コントロールパネルからJREをアンインストールする
これはJava 6 Update 45をアンインストールしようとしているところ。JREはコントロールパネルの[プログラムと機能]からアンインストールできる。[はい]ボタンを押したら、あとは指示に従って進めれば数ステップでアンインストールは完了する。

 JRE 8 Update 20から、更新(インストール)ウィザードの途中で古いバージョンのJREが自動的に検出され、アンインストールできるようになった(アンインストールせずに残すことも選択できる)。ただ、筆者が試した限りでは、JRE 8 Update 25へ更新する際に古いバージョンのアンインストールを選択したにもかかわらず、JRE 7 Update 67が残っていた。執筆時点では、前述の[プログラムと機能]で確認して、先に手動でアンインストールしておいた方が確実といえる。

JRE 8の更新中に必ずしも古いバージョンがアンインストールされるわけではない!? JRE 8の更新中に必ずしも古いバージョンがアンインストールされるわけではない!?
これはJRE 8 Update 25への更新ウィザードで表示された画面。途中で古いバージョンが検出されたため、そのアンインストールを選択した。しかし、以前にインストールしたJRE 8 Update 20は確かに消えたが、JRE 7 Update 67は残ってしまった。

●最新版ではなく特定バージョンのJREに更新する

 JREを必要とするアプリケーションによっては、最新版JREをサポートせず、古い特定のバージョンのJREを要求することがある。

 その場合、以下のjava.comのサイトから、バージョンを指定してインストーラーをダウンロードすることが可能だ。ただし、脆弱性が存在する古いバージョンを利用することは決してお勧めできない

 このページの「Java SE」という見出しの下にある「Java SE <バージョン番号>」という各リンクから該当バージョンを選んでクリックし、表示されたページで「Java SE Runtime Environment <バージョン番号>」とクリックする。次のようにダウンロード可能なインストーラーの一覧表が表示されるはずだ。ダウンロードするにはオラクルのユーザーアカウントを作成してサインインする必要がある。

特定のバージョンのJREに更新する 特定のバージョンのJREに更新する
これはOracle Java Archiveのページを開き、「Java SE 8」−「Java SE Runtime Environment 8u20」とクリックして表示されたところ。ダウンロード前にオラクルのアカウントでのサインインが求められるので、指示に従ってアカウントを作成したりサインインしたりすること。
  (1)これをクリックして許諾契約の内容を確認する。
  (2)(1)の後に、これを選択する。
  (3)Windows OS向け32bit版JREのオフラインインストーラー。
  (4)Windows OS向け64bit版JREのオフラインインストーラー。

●64bit版Windows OSでは、32bit版JREと64bit版JREの両方に注意

 Windows向けJREには、32bit版と64bit版の2種類が存在する。64bit版Windows OSには、そのどちらもインストールできるし、両方ともインストールすることが可能だ。

 同一のシステムに両方とも存在する場合、どちらが使われるかはJREを必要とするアプリケーション次第だ。例えば64bit版IEでJavaアプレットを利用するときには、64bit版JREが使用されることがある(IEのバージョンや設定によっては32bit版の方が用いられることもある)。従って、もし同一のシステムに両方とも存在する場合、どちらも更新しなければならない。

 32bit版と64bit版のどちらのJREがインストールされているかは、コントロールパネルの[プログラムと機能]で確認できる。

32bit版JREと64bit版JREの両方を同一システムにインストールできる 32bit版JREと64bit版JREの両方を同一システムにインストールできる
これは32bit版/64bit版それぞれのJRE 8 Update 20をインストールしたWindows PCで、[プログラムと機能]を開いたところ。
  (1)32bit版JRE。「(64-bit)」と記されていなければ、それは32bit版である。
  (2)64bit版JRE。

 JRE 8 Update 20以降がインストール済みであれば、前述のJavaコントロールパネルからの更新手順により、自動的にインストール済みのJREが32bit版か64bit版か自動的に判別され、適切に更新される。

 それ以外の場合、インストール済みのJREを手動で判別し、32bit版か64bit版どちらかのインストーラーを選んで実行する必要がある。実際、JRE 8 Update 20より前は、JREの自動的な更新に任せると、どちらか一方が更新されずに古いバージョンのまま残ってしまうことがよくあった。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。