連載
» 2014年11月27日 18時00分 UPDATE

ビジネスマナー研修<メール編:本文>(11):メール冒頭の「お世話になっております」は必要か?

朝のあいさつ「おはようございます」は社会人の基本ですが、メールの場合もあいさつは必須でしょうか?

[藤田英時,@IT]

※この連載は「メール文章力の基本」(藤田英時著)の第1章を、著者と出版社の許可の下、一部修正して転載するものです。

ビジネスマナー研修<メール編>のインデックス

連載目次

 エンジニアにも必要なビジネスメールの書き方、前回は本文の冒頭に書く宛名の書き方をお伝えしました。今回は、宛名を書いた後に書く「あいさつ」についてです。

 メールにもあいさつは必要です。手紙のような形式ばったあいさつではなく、簡単で親しみやすいもので十分です。

あいさつ例

お世話になっております。 ←最も一般的

はじめまして。 ←初めてメールを出す場合

いつも大変お世話になっております。 ←ていねい

こんにちは。 ←親しい場合

お久しぶりです。 ←連絡が空いた場合

ごぶさたしております。 ←同上

最近はいかがですか? ←近況を聞く場合

おはようございます。 ←朝に読むと分かっている場合

お疲れさまです。 ←社内や親しい場合

たびたび失礼します。 ←1日に何度もメールする場合

何度もすみません。 ←同上

さきほどの追加情報です。 ←すぐに追加して送る場合

追伸です。 ←同上

 最も一般的なあいさつが「お世話になっております。」です。親しい場合や連絡が空いた場合など、メールを出す相手、状況によって使い分けましょう。

 「おはようございます。」などは適当ではないとされていますが、相手が朝に読むと分かっている場合は、自然です。社内では「お疲れさまです。」がよく使われていますが、社外でも親しい場合は使っていることが多いようです。

 差出人を見れば、誰から来たメールか分かりますが、あいさつの後に社名と自分の名前を名乗るのがマナーです。しかし、何度もやりとりが続いた後は名乗らなくてもいいでしょう。また、久しぶりにメールを出す場合は、名乗った方がいいでしょう。

いつもお世話になっております。
@ITシステムの田中です。

 顧客からの質問にメールで答える場合は、きちんと社名と氏名を名乗りましょう。相手に責任を持って回答している印象を与えます。また、相手側がさらに質問したい場合も、こちらが名乗っておけば回答者を指名できるため、相手側の安心感が高まります。

いつもご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
アイティメディア開発の鈴木太郎です。
ご質問にお答えいたします。

書籍紹介

メール文章力の基本

メール文章力の基本

藤田英時著
日本実業出版社 1300円(税別)

仕事のできる人がやっている「短く」「分かりやすく」「見やすい」メールが書ける77のルールを「良い文例・悪い文例」を対比する構成で紹介する。

藤田英時

コンピューター、インターネット、英語を得意とするジャーナリスト、ライター。米国ベイラー大学でコミュニケーションを専攻後、西南学院大学文学部外国語学科英語専攻卒業。翻訳出版、書籍編集・執筆、マニュアル制作、プログラム開発、技術サポート、大学で情報処理の指導など、幅広く活躍中。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。