連載
» 2014年11月27日 18時46分 UPDATE

連載:カンタンWebアプリ開発ツール「Forguncy」の実力を探る:第4回 Excel資産を活用してみよう (1/5)

「Excel方眼紙」と同様な操作感を実現しながら、Webアプリを簡単に構築できるツールであるForguncy。今回はExcelワークシートをForguncyで活用する方法を見ていく。連載最終回。

[かわさきしんじ,著]
連載:カンタンWebアプリ開発ツール「Forguncy」の実力を探る
業務アプリInsider/Insider.NET

powered by Insider.NET

「連載:カンタンWebアプリ開発ツール「Forguncy」の実力を探る」のインデックス

連載目次

 Excel資産の活用といってもいろいろある。Forguncyでは、主にExcelワークシートを基にページを生成する、もしくはテーブルを生成する形でこれらを活用することになる。

  1. Excelからテーブルを作成: ワークシートに行列形式で入力されたデータ群をForguncyで取り扱えるようにテーブルに変換する
  2. Excelからページを作成: ワークシートに作成されたフォームや帳票をForguncyで流用できるようにページに変換する

 以下では、これらを順番に見ていくことにしよう。また、Excel以外にもAccessデータベースをテーブルに変換したり、テキストファイルをテーブルに変換したりすることも可能だ。

Excelからテーブルを作成する

 上述した通り、Excel資産と一口にいっても、その形態はさまざまだ。単純にレコード形式のデータをズラリと並べただけのワークシートもあれば、マクロをフルに活用したアプリもある。最も単純なのは以下のようなアドレス帳的な使い方をすることだ。

Excelをアドレス帳代わりに使用した例 Excelをアドレス帳代わりに使用した例

 単にこのようなワークシートが単体で存在しているだけの場合もあるし、これをデータソースとしてマクロで何らかの処理を行っている場合もあるだろう。どちらにせよ、Forguncyではこうしたデータをテーブルとしてインポートできる。その手順は極めて簡単だ。

 既存のExcel/Access資産(もしくはテキストファイルに変換した何らかのデータ)からテーブルを作成するにはリボンの[データ]タブを利用する。Excelのワークシートが元データの場合には[Excelからテーブル]ボタンをクリックする。ここでは先ほど示したアドレス情報を含んだExcelファイルを例にしよう。

[Excelからテーブル]ボタンをクリック
[Excelからテーブル]ボタンをクリック
ファイル名とデータの保存方法を指定して[OK]ボタンをクリックする
ファイル名とデータの保存方法を指定して[OK]ボタンをクリックする

Excelデータからテーブルを作成する


 [Excelからテーブル]ボタンをクリックすると、[外部データの取り込み - Excelファイル]ダイアログが表示されるので、[ファイル名]に元データを格納しているExcelファイルを、その下のラジオボタンでデータの保存方法を指定して[OK]ボタンをクリックする。次に[Excelファイル インポート ウィザード]画面が表示される。

インポート方法を指定して[次へ]ボタンをクリック
インポート方法を指定して[次へ]ボタンをクリック
先頭行の扱いを指定して[次へ]ボタンをクリック
先頭行の扱いを指定して[次へ]ボタンをクリック
各フィールドの名前とデータ型、インポートするかどうかの指定をして[次へ]ボタンをクリック
各フィールドの名前とデータ型、インポートするかどうかの指定をして[次へ]ボタンをクリック
インポート先のテーブル名を指定して[完了]ボタンをクリック
インポート先のテーブル名を指定して[完了]ボタンをクリック

Excelファイルからテーブルを生成


 ウィザードには[外部データの取り込み - Excelファイル]ダイアログの[ファイル名]欄に指定したファイルの内容が表示されるので、[現在表示されているシートをインポート]するのか[現在表示されているシートの選択中の範囲のみをインポート]するのかを選択して、[次へ]ボタンをクリックする(ここでは[現在表示されているシートをインポート]ラジオボタンを選択した)。

 次の画面では、必要に応じて[先頭行をフィールド名として使う]チェックボックスをオン/オフして[次へ]ボタンをクリックする。上の画面では先頭行は見出しとなっているので、これをフィールド名として使うことにした。

 次にフィールド名/そのデータ型/インポートするかどうかを指定する画面になるので、これらを指定して[次へ]ボタンをクリックする(ここでは全てデフォルトのままとした)。

 最後にインポート先のテーブルの名前を指定して[完了]ボタンをクリックする。ウィザード形式でちょっとした指定を行うだけで、以下のようなテーブルが作成される。

生成されたテーブル 生成されたテーブル

 あとは前回に説明した[テーブルからページを生成]機能を利用するだけで、これまではExcel上の単なるデータだったものがアッという間にWebアプリに変身する。

Excelで管理していた住所録がWebアプリ化された Excelで管理していた住所録がWebアプリ化された
ここではリストビューのサイズ変更、表示項目の調整、検索ボックスの追加などを行っている。

 次に、Excelで作成した請求書からページを作成してみよう。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。