連載
» 2014年12月02日 18時00分 UPDATE

iPhone 6/6 Plusアプリ開発入門(2):iOS 8のPhotoKitの概要&Xcode 6.1/Storyboard/Auto Layout/iOSシミュレーターの基本的な使い方 (1/4)

iPhone 6/6 PlusアプリをSwift言語で作成してみたいという初心者向けにiOS 8の新機能を使ったアプリの作り方を一から解説する入門連載。今回は、iOS 8のPhotoKitの概要とXcode 6.1の画面構成、新規プロジェクトの作り方、StoryboardとAuto Layoutによる画面作成方法、iOSシミュレーターの使い方などを解説する。

[平屋真吾,クラスメソッド株式会社]
「iPhone 6/6 Plusアプリ開発入門」のインデックス

連載目次

 前回の記事「開発者が知っておきたいiOS 8の新機能&Xcode 6のインストールと基本的な使い方」では、iOS 8を簡単に紹介し、iOSアプリ開発を始めるための環境構築について説明しました。今回から、iOS 8の新機能を使ったアプリの開発を進めていきます。

 前回、本連載で開発していくアプリに盛り込むものとして以下の項目を挙げました。

  • Xcode 6のセットアップ・使い方・機能を解説
  • Swiftを使用
  • iOS 8で追加された新機能を使用
  • iPhone 4s/5s/6/6 Plusの画面サイズに対応

 「iOS 8で追加された新機能」についてですが、本連載では「PhotoKit」の機能を使用したアプリを開発します。「PhotoKit」は、iOS標準の「写真」アプリで使用されているAPIが解放されたもので、「写真」アプリ並みの機能を持ったアプリを開発できます。

iOS 8のPhotoKitの概要

 ここでPhotoKitについてもう少し詳しくご説明しましょう。

PhotoKit

 PhotoKitは「Photos Framework」と「PhotosUI Framework」で構成され、写真やビデオを扱うための新しいAPIを提供します。

  • Photos Framework
    • フォトライブラリの写真やビデオにアクセスを提供
    • 標準の写真アプリのようなフル機能の写真アプリを作成可能
  • PhotosUI Framework
    • 写真編集用のApp Extension用の機能を提供


Photos Framework

 本連載では「Photos Framework」を使用したアプリを開発します。Photos Frameworkを使うことで、iOS標準の「写真」アプリが管理している写真にアクセスできます。

 Photos Frameworkが提供する主な機能は下記のようになっています。

  • 写真/ビデオ、アルバム、モーメントへのアクセス
  • アセットやアルバムの追加や削除、編集
  • 写真/ビデオのコンテンツやメタデータの編集

モデルオブジェクト

 Photos Frameworkではライブラリの構造を表すための「モデルオブジェクト」が定義されています。モデルオブジェクトは、読み取り専用・イミュータブルであり、メタデータのみ含みます。

クラス名 概要 「写真」アプリ上での扱い
PHAsset ライブラリの中の写真に相当するオブジェクト アセット
PHAssetCollection 順序付けられたAssetのコレクション アルバム
PHCollectionList コレクションのグループ フォルダー

PHAsset

 モデルオブジェクトのうち「PHAsset」はライブラリの中の写真に相当するオブジェクトです。PHAssetのプロパティには以下のようなものがあり、Locationプロパティを使用して写真を撮影した場所の情報を取得できます。

  • Media type
  • Creation date
  • Location
  • Favorite

 本連載では、この位置情報とMapKitを組み合わせて、地図上に写真を配置するアプリを開発します。また、PHAssetオブジェクトを介して写真の実データを取得し、画面表示に使用します。

Xcode 6.1へのアップデート

 前回の記事の執筆時点(2014年9月26日)での最新バージョンは以下のバージョンでした。

  • Xcode 6.0.1
  • Mac OS X 10.9.5(Mavericks)

 今回以降は以下のバージョンで進めていきますので、Mac App Storeを使用してアップデート(インストール)を行ってください。

  • Xcode 6.1
  • Mac OS X 10.10(Yosemite)

 Xcodeのアップデート(インストール)方法は前回記事で解説している手順と同様です。Mac OS Xのアップデート手順については「Apple - OS X Yosemite - アップグレード方法」などを参考にしてみてください。

Xcode 6.1の画面構成

 ここで簡単にXcodeの画面構成について説明します。Xcodeは図1のように四つのエリアから構成されます。

iOS8-2_figure-09.jpg 図1 Xcodeの画面構成

1.ツールバー

 プロジェクト全体の設定・操作を行うボタンが並びます。ツールバー左側の[Run]ボタンをクリックするとプロジェクトを実行でき、[Stop]ボタンで停止できます。ツールバー中央の[Activity Monitor]には実行中のタスクの進行状況などが表示されます。

 ツールバー右側のボタンを使うと、各エリアの表示を切り替えることができます。

2.ナビゲータエリア

 Xcodeの[ワークスペース]ウィンドウの左側に表示されるのが[ナビゲータエリア]です。[ナビゲータエリア]上部のボタンをクリックすることで7種類の情報を切り替えて表示できますが、よく使うのは[プロジェクトナビゲータ]になります。

[プロジェクトナビゲータ]には、プロジェクトで管理されているファイルがツリー構造で表示されます。

3.エディタエリア

 [プロジェクトナビゲータ]で選択されたファイルの内容が[エディタエリア]に表示されます。SwiftのソースコードやStoryboardファイルは[エディタエリア]上で編集します。

4.ユーティリティエリア

 [ユーティリティエリア]は、[エディタエリア]で編集中のファイルに関する情報の閲覧や設定などを行うエリアです。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。