ニュース
» 2014年12月02日 12時44分 UPDATE

導入支援プログラムも同時展開:Oracle Database In-Memoryオプションに対応した分析専用機Exalytics

Exalytics X4-4の日本国内での提供がスタート。ハードウェア性能が高まった他、Oracle Database In-Memoryオプションへの対応で分析対象が拡大した。

[原田美穂,@IT]

 2014年12月2日、日本オラクルは、「Oracle Exalytics In-Memory Machine X4-4」(Exalytics)の国内提供を開始した。Exalyticsは業績管理アプリケーションやBI(ビジネスインテリジェンス)のための分析処理専用マシン。Oracle Database同様、書き込みの際に行ロックが発生しないアルゴリズムを継承しており、Exalyticsのリソース管理を担う「Oracle Essbase」独自のインメモリ機能によって、複数ユーザーによる書き込みが発生した際のパフォーマンス劣化が発生しにくいなどの特徴を持っている。

 今回提供開始となるExalytics X4-4は、最新ハードウェアの搭載により、処理性能が大幅に向上している。具体的には、インテルXeon E7-8895 v2シリーズプロセッサー4基、マシン1台当たり最大3Tバイトのメモリを搭載、最大4.8TバイトのPCleフラッシュメモリカード、7.2Tバイトのハードディスクをサポートする。

 また、Oracle Database 12cでインメモリ処理を実現する「In-Memoryオプション」にも対応する。これにより、ExalyticsではOracle Databaseの全ての機能に対してインメモリ分析を実行できるようになった。

 日本オラクルでは、同製品の提供と併せてBI導入支援やワークショップを通じたデータ活用のためのロードマップ策定支援サービスも展開する。

 なお、今回の国内提供に関連して、伊藤忠テクノソリューションズ、NTTデータ先端技術、新日鉄住金ソリューションズ、TIS、NEC、野村総合研究所、富士通、富士通北陸システムズの8社がエンドースメントに名を連ねている。

mhoracle.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。