連載
» 2015年01月13日 18時00分 UPDATE

田中淳子の“言葉のチカラ”(14):棚上げのススメ

将棋の棋士は常に数手先まで読み、戦術を考えるという。私たちの仕事もそうあるべきだが……。

[田中淳子,@IT]
田中淳子の“言葉のチカラ”
「田中淳子の“言葉のチカラ”」

連載目次

 「あれが、ああなったらどうなるんだろう?」「これがこういう展開になったらどうしよう?」……こんな風に先のことを予測し、あれこれ気に病むことがある。私は大体においていいかげんな人間なので、深く思い悩むこともあまりないし、先のことを想像し過ぎて怖くなったがために一歩も先に進めなくなるというタイプでもないが、中には想像し過ぎて不安のあまり何も手につかなくなるという人もいるだろう。

 あらゆる可能性を考え、あらゆる対処法を検討して備えておかないと心配で仕方ない。想定できることは、何もかも洗い出して、可能な限りリスクの芽をつぶしておきたい。そういう慎重派もいる。もちろん、常に行き当たりばったりの対応をするというのはよろしくない。起こり得ることを考え、どう対応するか最低限の準備をしておくことは仕事の上で必要なことではある。

転ばぬ先のつえ

 あまり先のことで思い煩うことのない私だが、数カ月先を予想して「これ、全部うちのチームのメンバーだけで対応できる仕事量だろうか」と不安を感じたことがあった。

 「これがこうなると、あれがああなって、そうすると私は2カ月それにかかりきりで他のことにほとんど手が割けなくなる。この仕事量は今のメンバーが全員フルで働けば対応できるが、もし同時に二人以上が病気になったりしたら回らなくなってしまう。今のうちに後進を育成するなど手を打った方が良いのではないか」――そう考え、上司に伝えた。

 上司は話を全て聞いた上で、「そんな先のことで、かつ複数のことが同時に起こるなどあるかないかも分からない現時点であれこれ悩むのは、時間がもったいないです」ときっぱり言った。

 「そうはおっしゃいますが、実際にそういう事態が起こったら、巻き込まれるのは私たち現場の人間ですし……」と食い下がると、「その時はその時です。その時になって考えればいいし、たいていのことは何とかなります」と涼しい顔をして言われてしまった。

 「今、そのことを考えるのにすごいエネルギーを費やしても、検討したことの大半は無駄になると思われます。だったら取りあえず“今は気にしない”という対応でいいです」と笑顔で付け足すのだった。

 「上司というものは、あらゆるリスクを予測して、それに対する手を打っておくもの」と思っていた私には目からウロコの発言だった。「気にしなくていい」「その時はその時」「その時になって考えればいい」……。

 え? それでいいの?

 まだ確度も高くないことについて思い煩い心身を消耗するのは無駄だ、と上司は言うのだ。そのエネルギーを今目の前にある「他のこと」に振り向けた方がよほど健全だし、生産的とも言われた。

 そりゃそうだ、と私も思い直した。

棚上げのススメ

 上司がそう考えているのだから、メンバーである私が一人悶々と苦悩する必要もない。しかも、まだ起こっていないことに対して。

 よく言うではないか。「過去と未来は変えられないが、現在は変えられる」とか、「出来事は変えられないが、出来事に対する捉え方は変えられる」などと。

 まだ見ぬ未来を心配するよりも、今のことを大事にしていく。出来事を変えることはできなくても、その出来事をどう捉えるか、どう考えるかは自分で選べる。繰り返すが、「リスクに対する備えをしなくてよい」という話ではない。ただ、心配し過ぎて想像上の「将来起こり得ること」でがんじがらめになるのはやめよう、ということならよく理解できる。

 実際、私の懸念は杞憂(きゆう)で終わった。上司の言う通り「なるようになった」のだ。しっかりと、うまく解決できた。

 結果論といえばそれまでなのだが、上司が言う「その時はその時」「なるようになる」という考え方も悪くないと思った。

 先を見通すのが悪いわけではないが、考えても結論が出ないことを「こうなったらどうしよう?」と想像ばかりして不安になるくらいだったら、それはいったん棚に上げて考えるのをやめ、今の時間を他のもっと生産的なことに割り当てるというのも処世訓としてありだろう。

 「ヘタな考え休むに似たり」という諺(ことわざ)もあるではないか。

 仕事でもプライベートでも、これから起こり得ることをあれこれ想像しては心痛めたら、少し客観的になって「これって本当に悩む価値あるかな?」と考えてみるのも悪くない。

たいていのことは何とかなります
「田中淳子の“言葉のチカラ”」バックナンバー

筆者プロフィール  田中淳子

 田中淳子

グローバルナレッジネットワーク株式会社 人材教育コンサルタント/産業カウンセラー

1986年 上智大学文学部教育学科卒。日本ディジタル イクイップメントを経て、96年より現職。IT業界をはじめさまざまな業界の新入社員から管理職層まで、延べ3万人以上の人材育成に携わり28年。2003年からは特に企業のOJT制度支援に注力している。

日経BP社「日経ITプロフェッショナル」「日経SYSTEMS」「日経コンピュータ」「ITpro」などで、若手育成やコミュニケーションに関するコラムを約10年間連載。著書:「ITマネジャーのための現場で実践! 若手を育てる47のテクニック」(日経BP社)「速効!SEのためのコミュニケーション実践塾」(日経BP社)など多数。誠 Biz.ID「上司はツラいよ

ブログ:田中淳子の“大人の学び”支援隊!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。