連載
» 2015年01月20日 18時00分 UPDATE

iPhone 6/6 Plusアプリ開発入門(3):Swiftでの変数の定義、Xcodeでのアウトレット接続、iOSシミュレーターへの画像素材追加 (1/3)

iPhone 6/6 PlusアプリをSwift言語で作成してみたいという初心者向けにiOS 8の新機能を使ったアプリの作り方を一から解説する入門連載。今回は、Xcodeでアウトレットを接続する方法、Swiftでの変数定義の仕方、iOSシミュレーターへ画像素材を追加する方法などを解説します。

[平屋真吾,クラスメソッド株式会社]
「iPhone 6/6 Plusアプリ開発入門」のインデックス

連載目次

 前回の記事「iOS 8のPhotoKitの概要&Xcode 6.1/Storyboard/Auto Layout/iOSシミュレーターの基本的な使い方」では、iOS 8の新機能である「PhotoKit」、これから開発する「PhotoMap」アプリの概要について説明し、MapViewを表示するところまで解説しました。

 今回はSwiftについて解説しつつ、前回記事で追加したMapView上にピンを追加します。

SwiftでもXcodeでアウトレット接続

 まずは、前回の記事で追加したMapViewにピンを立ててみましょう。

 ViewControllerクラスのソースコード上からMapViewを扱えるように、Storyboardファイルから「アウトレット」を接続します。これまでのXcodeでは、アウトレット接続はObjective-Cでしたが、Swiftも対応されています。

 [ナビゲータエリア]で「Main.storyboard」ファイルを選択し、[エディタエリア]に「Main.storyboard」ファイルの内容を表示します。

 また、Xcodeの画面右側に[ユーティリティエリア]が表示されている場合は、ツールバー右端のボタンをクリックして非表示にします。ツールバー右端のボタンを使用することで、各エリアの表示/非表示を切り替えることができます。必要に応じて表示/非表示を切り替えながら進めていってください。

iOS8-3_figure-01.jpg 図1 [ユーティリティエリア]の表示切り替え

 次に画面右半分に[アシスタントエディタ]を表示させます。[アシスタントエディタ]を表示させるには、ツールバー右端の[アシスタントエディタ]切り替え用のボタンをクリックします。

 [アシスタントエディタ]を使用することで、[エディタエリア]で表示しているファイルに関連した内容を表示できます。今回は、[エディタエリア]に「Main.storyboard」ファイルの「View Controller」シーンを表示させているので、[アシスタントエディタ]には「ViewController.swift」ファイルが表示されます。

iOS8-3_figure-02.jpg 図2 [アシスタントエディタ]の表示切り替え

 アウトレットを接続します。[エディタエリア]左側の[ドキュメントアウトライン](「View Controller Scene」と書いてある部分)の階層を展開し「Map View」を表示します(階層を展開するには左の三角アイコンをクリックします)。

 「Map View」をクリックすると「Map View」が選択状態になります。[control]キーを押した状態で「Map View」を「ViewController.swift」のviewDidLoadメソッドの上までドラッグし、ドロップします。

iOS8-3_figure-03.jpg 図3 アウトレットの接続

 アウトレットの設定内容を聞かれるので、Name項目に「mapView」と入力し、[Connect]ボタンをクリックします。これで「アウトレットを接続する」という操作が完了します。

iOS8-3_figure-04.jpg 図4 アウトレットの設定

 アウトレット接続後の「ViewController.swift」の内容は以下の通りです。「mapView」という名前のプロパティが追加されています(「アクセサーメソッド」を使って参照、操作できるインスタンス変数などのことを「プロパティ」と呼びます)。

import UIKit
import MapKit
 
class ViewController: UIViewController {
  // 今回追加されたプロパティ
  @IBOutlet weak var mapView: MKMapView!
  override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()
    // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
  }
 
  override func didReceiveMemoryWarning() {
    super.didReceiveMemoryWarning()
    // Dispose of any resources that can be recreated.
  }
}
ViewController.swift

Swiftでの変数の定義について

 Swiftでの変数(定数)の基本形は以下のようになります。

基本形 備考
変数 var 名前 (: 型) (= 式) 型の指定や初期値の設定はオプション var String = "Hello"
定数 let 名前 (: 型) = 式 型の指定はオプション let size = CGSize(10.0, 10.0)

 例えばString型の「name」という変数を定義するには以下のように書きます(複数の変数定義を行うのでなければ、文末を表すセミコロンは不要です)。

var name: String

 Swiftには「型推論」があるので、以下のように変数の定義と同時に初期値を設定すれば、型名を省略できます。

var name = "Hello"

 「アウトレット接続」によって自動挿入されたmapViewプロパティは以下のような記述になっています。

@IBOutlet weak var mapView: MKMapView!

 先頭の「@IBOutlet」は「storyboard」または「XIB」ファイルから接続されていることを示す記述です。次の「weak」はメモリ管理に関する属性です。最後尾の型の指定部分を見ると最後に「!」が付いていますが、これについては後ほど説明します。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。