連載
» 2015年01月23日 14時14分 UPDATE

連載:アプリケーションの運用監視:第3回 APIの活用とロードテストの実施 (1/4)

New Relic APIの活用とApplication Insightsのログ出力のカスタマイズ、Visual Studio Onlineによるロードテストの実施方法を解説する。連載完結。

[亀川和史,著]
連載:アプリケーションの運用監視
業務アプリInsider/Insider.NET

powered by Insider.NET

「連載:アプリケーションの運用監視」のインデックス

連載目次

New Relicが提供するAPIを活用する

 New RelicとApplication Insightsはいずれも外部からコントロールするためのAPIをいくつも提供している。取得する情報をカスタマイズしたい場合や、ダッシュボードにアクセスすることなく必要な情報のみ参照したいといった場合にこれらのAPIを活用する。

New RelicのAgent APIの活用

 New RelicにはいくつもAPIが用意されており、大きく分けて以下の2種類がある。

  1. インストルメンテーションを制御するAgent API
  2. 必要な情報をREST形式で取得するREST API

 New RelicのAgent APIや独自のインストルメンテーション設定を使用することにより出力の拡張、カスタマイズが可能だ。Agent APIのパッケージはNuGetで配布されている。

NuGetでNew Relicから提供されているパッケージを追加する NuGetでNew Relicから提供されているパッケージを追加する
Visual Studioのメニューバーから[ツール]−[NuGet パッケージ マネージャー]−[ソリューションの NuGet パッケージの管理]を選択し、左側のペーンで[オンライン]を選択してから右上の検索ボックスに「newrelic」と入力することで、New Relicに関連したNuGetパッケージを検索できる。
  (1) New Relic Agent APIのパッケージ。

 Agent APIパッケージをインストールすると次のダイアログが表示されるので、他のメトリクスと区別するための識別名を入力する。

独自の情報を他のメトリクスと区別するための識別名(任意) 独自の情報を他のメトリクスと区別するための識別名(任意)
  (1)他のメトリクスと混在しないように、任意の名称を付ける。省略した場合、プロジェクト名が自動的に付加される。

 インストールが終わると、独自のパラメーター、トランザクション名、HTMLページのブラウザーの応答性能を測定できるようになる(参考:.NET agent API)。

 XMLファイルを作成し、エージェントをインストールしたフォルダー(デフォルトでは「%ALLUSERSPROFILE%\New Relic\.NET Agent」フォルダー=「C:\ProgramData\New Relic\.NET Agent」フォルダー)の下にあるextensionsフォルダーにコピーすれば自動的に読み込まれる(参考:.NET custom instrumentation)。

独自に作成したインストルメンテーション設定 独自に作成したインストルメンテーション設定

 このインストルメンテーションの結果はNew Relic Proを契約して独自にダッシュボードを作ることで参照可能になる。Azure新ポータルからFree以外のプランを選択して、New Relicポータルで作成する。

New Relicのプランを変更する New Relicのプランを変更する
  (1)価格層の選択を行う。

 今回は1インスタンスのみサポートされるS1を選択した。有料プランに変更すると、New Relicのポータルから独自のダッシュボードを作成できる。ダッシュボードは以下のようにして作成する。

ダッシュボードに表示するグラフを設定する。
画面上部にあるメーター型のアイコンをクリックし、表示されたメニュー項目から[Create custom dashboard]をクリックする。
ダッシュボードに表示するグラフを設定する
作成するダッシュボードの形式と名前を指定する。[Create]ボタンを押すと、ダッシュボードの外観が作成されるので、必要なグラフを追加していく。
ダッシュボードに表示するグラフを設定する ダッシュボードに表示するグラフを設定する
  (1)Webアプリケーションかサーバーを選択する(選択肢によって画面上の選択肢が変わる)。なお、この画面になる前にエージェントの種類を選択するドロップダウンが表示されるので、Webアプリ/サーバーのどちらの情報を採取/表示するかを選択する。
  (2) [Chart](グラフ)か[Table](表)を選択する。
  (3) タイトルを指定する。
  (4) 副題を指定する(任意)。
  (5) 表示する値の種類を指定する。
  (6) グラフの値の種類を指定する。
  (7) [Chart]を指定した場合、折れ線か、領域を塗りつぶす形式かを選択。
  (8) グラフの下に表示されるMetricsのラベルを表示するかしないか。
  (9) Y軸単位のラベルの表示有無。
  (10) 保存してプレビュー表示。
  (11) 保存して完了。

 今回はAgentのMetricsが実行された回数を調べるグラフを追加する。[Save and Finish]ボタンをクリックすると、ダッシュボードにグラフが追加される。

ダッシュボードに追加されたグラフ ダッシュボードに追加されたグラフ
  (1)独自ダッシュボードに描画されたグラフ。

 グラフは必要に応じて追加することが可能だ。サーバーとエージェントの情報を同時に表示することも可能なので、有料プランを契約している場合はぜひ試してみてほしい(参考:Creating custom dashboards)。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。