ニュース
» 2015年01月26日 14時54分 UPDATE

「NetApp Private Storage for Microsoft Azure」:ネットアップ、クラウド直結ストレージ・ソリューションを国内提供開始

 ネットアップは2015年1月26日、Microsoft Azureユーザーが、ストレージとしてネットアップの装置を活用できるようにするソリューション、「NetApp Private Storage for Microsoft Azureの国内提供開始を発表した。

[三木 泉,@IT]

 ネットアップは2015年1月26日、Microsoft Azureユーザーが、ストレージとしてネットアップの装置を活用できるようにするソリューション、「NetApp Private Storage for Microsoft Azure(以下、NPS for Microsoft Azure)」の国内提供開始を発表した。

 同ソリューションは、Azureの専用線接続サービスである「Microsoft Azure ExpressRoute」に対応したコロケーション施設に、ユーザー組織のネットアップのストレージを設置、Microsoft Azureで動かすアプリケーションやサービスのデータ管理が行えるようにするもの。

im_ait_npsazure01.jpg ネットアップは、Azure以外にも、Amazon Web ServicesおよびSoftLayerで、同様なサービスを提供している

 新ソリューションで、ネットアップは、ISIDアドバンストアウトソーシング、IIJ、エクイニクス・ジャパン、KVH、JSOL、TOKAIコミュニケーションズ、ビットアイルと提携。これらの事業者が順次提供を開始するという。価格は事業者によって異なる。

 Azureのデータセンターとコロケーション施設は専用線で結ばれ、ネットアップのストレージはあたかもクラウドサービスのストレージリソースのように、安定的な高速性と低遅延で利用できるという。信頼性や可用性に関しても、ネットアップのストレージ装置の機能を活用できることになる。

 NPS for Microsoft Azureを使うと、組織は社内のネットアップストレージと、コロケーション施設内の同社ストレージとの間で、データの遠隔複製が可能。このため、クラウドサービスを事実上のバックアップ用データセンターとして運用しやすくなるほか、一時的な要因に基づくクラウド処理リソースの利用もやりやすくなると、同社は説明している。

 また、データの永続性を担保する「SnapLock」やデータ暗号化などの機能により、ユーザー企業のデータ管理要件に対応できるとする。

 ネットアップは、ユーザー企業が従来の考え方の延長線でデータを管理し、自らコントロールしながら、クラウドサービスのメリットを生かせる選択肢を提供するとして、NPSを展開している。Microsoft Azureの他に、Amazon Web Services、IBM SoftLayerに関して、同様なソリューションの提供を進めている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。