ニュース
» 2015年03月02日 12時06分 UPDATE

トレジャーデータとテーマは同じ:IIJ、ビッグデータ蓄積・利用のワンストップサービスを正式提供開始

IIJは2015年3月2日、ビッグデータの収集・蓄積・解析のための環境をワンストップサービスとして提供する「IIJ GIOストレージ&アナリシスサービス」を、正式提供開始した。

[三木 泉,@IT]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2015年3月2日、ビッグデータの収集・蓄積・解析のための環境をワンストップサービスとして提供する「IIJ GIOストレージ&アナリシスサービス」を、同日に正式提供開始したと発表した。トレジャーデータのサービスと同じ方向を目指していると考えられる。

 IIJは、「IIJ GIOストレージ&アナリシスサービス」を、2014年11月以降、試験サービスとして提供してきた。これまではクラウドストレージサービスのみだったが、保存したデータをBIツールなどで活用できる「解析オプション」を追加し、正式サービスとして提供開始した。

im_ait_iijsa01.jpg 「IIJ GIOストレージ&アナリシスサービス」の概念図

 解析オプションでは、同ストレージサービスに保存されたデータに対し、HadoopおよびHiveを利用して処理・加工・操作が行える。BIツールなどを活用したビッグデータ分析を行うために、HiveQLによるデータ操作のためのWeb UI(管理コンソール)やAPI、JDBCドライバーなどの環境を用意しているという。

 「IIJ GIOストレージ&アナリシスサービス」は従量制で、ストレージ利用量1TBごとに7000円。さらにクラウドストレージからのダウンロードデータ転送量が1GBを超えて1TBまで1万円、以降1TBごとに1万円だ。

 今回加わった解析オプションは、HiveのSQLライクなクエリ言語HiveQLを実行する仮想インスタンスごとに1万円が課金される。1インスタンスの仕様は、CPU 1コア相当、メモリ4GB、計算用ストレージ400GBとなっている。

 IIJはビッグデータ関連で、他にもClouderaのHadoop環境、MPPデータベースのGreenplum Databaseをサービスとして提供するなどしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。