Special
» 2015年03月04日 10時00分 UPDATE

まだ間に合う、最新サーバー環境への移行(2):グッドバイ!Windows Server 2003 [サーバーOS編]

[PR/@IT]
PR

 2015年7月15日に迫る「Windows Server® 2003」の延長サポート終了を前に、まだ移行を迷っているあなたへ!目前のリスクと不安を解消して、一日も早くあなたがやるべき仕事に戻りませんか。ラクラク手間なし運用を実現する「自働サーバー」が応援します!

hp02_01.jpg

 サーバーのセットアップやOSのインストールは、手間も時間もかかって大変でした。ところが、最新のサーバー環境では驚くほど簡単になってるんです。作業の大半は自動化されていて、セットアップにかかる時間は1/3以下。更新プログラムの適用作業を含めても1時間そこそこで完了します。

 ドライバーやファームウェア、ツールなどの設定は、「スタートボタン(F10キー)」を押すだけ。コンポーネントの相互依存性などをチェックし、正しい順序で必要なアップデートを行いながら、サーバーが自働的にセットアップとサーバーOSのインストールを進めてくれます。

hp02_02.jpg
hp02_03.jpg

 「容量がひっ迫していて古いデータを捨てながら運用している」「サーバーごとにバックアップを手作業で行っている」――社内のあちこちで利用されているファイルサーバーには、その役割が大事なゆえに管理者の誰もが頭を痛めています。

 「もう面倒見きれないよ…」 ※それが本音ですね。

 サーバー管理者の弱音を救う…それが「Windows Server® 2012 R2」と「自働サーバー」です。

ALT *一般的なオフィス文書における重複排除の効果(マイクロソフトTechNetサイトより)
 https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh831700.aspx

 最もシンプルで効果の高い解決方法は、最新のファイルサーバー環境に複数の既存のファイルサーバーを集約する方法です。たとえば、導入から4年以上経過した5台のファイルサーバーを、最新のサーバー1台に集約してみませんか。これだけで運用の手間が大幅に削減できます。

 最新の“自働サーバー”は、アクセス頻度が高いデータをSSDにキャッシュするなど、多数の同時アクセスがあっても高速に処理できます。また、ハードディスクやメモリのエラー、CPUやファンなどハードウェアの不調を自動検知して通報します。日常的な運用監視はサーバーに任せて、本来の業務に安心して集中していただけます。

 「自働サーバーにして良かった…」 ※個人の感想です。

hp02_05.jpg

 「自社開発の32ビットアプリケーションをこのまま使いたい」「このシステムは今後もLinuxで運用していきたい」――物理サーバーを更新する必要があっても、アプリケーションには変更を加えたくないというケースは珍しくありません。

 「このアプリあと数年は使いたい…」 ※よくある話です。

 サーバー管理者の現実に応える…それが「Windows Server® 2012 R2」と「自働サーバー」です。

hp02_06.jpg

 最新のWindows Server® 2012 R2が、仮想化によるサーバー統合をグッと身近にしました。「Hyper-V仮想化」はWindows Server® 2012 R2の標準機能として提供されますので、追加コストは発生しません。最新サーバーを導入するタイミングで、「Hyper-V仮想化」によるサーバー統合を検討してみませんか。

 たとえば、Windows Server® 2012 R2にポーティング(プログラム修正)するのはWindows Server® 2003ベースのアプリケーションにとどめて、Windows Server® 2008やLinuxのアプリケーションはHyper-V仮想化で統合してはいかがでしょう。これにより、最新サーバーならではの高い性能が手に入るとともに、物理サーバー台数を減らして保守費を削減できます。もちろん、“自働サーバー”ならではのラクラク運用というメリットも手に入ります。

 「自働サーバーにして良かった…」 ※個人の感想です。

ALT ※1 出典:「SAP SD Standard Application Benchmark Results Two-Tier Internet Configuration」,http://global.sap.com/solutions/benchmark/sd2tier.epx(2007065,2013025)
※2 上記テスト結果のAvg. dialog response time(sec)の前提は次の通りです。
・DL380 G5+WS 2003+ERP6.0:2sec ・DL380 Gen9+WS 2012+ERP6.0 EHP5:1sec
hp02_08.jpg
hp02_09.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2015年3月31日

関連記事

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。