連載
» 2015年12月14日 05時00分 UPDATE

Tech TIPS:一目で分かる、各Windows OSでのInternet Explorerのサポート終了時期

Windows OSに標準装備されているInternet Explorer(IE)。だが、そのサポート期限はOS本体と同じとは限らない。そこでWindows OSごとにIEの各バージョンの終了時期を整理して、分かりやすく図示してみた。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
Tech TIPS
Windows Server Insider


「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象ソフトウエア:Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2、IE7/IE8/IE9/IE10/IE11


解説

 Windows PCには、いずれかのバージョンのInternet Explorer(IE)が必ずインストールされている。Windows ServerでもServer Core構成ではない限り、やはりIEがインストールされる。そして、ユーザーが直接使うWebブラウザーに限らず、さまざまなアプリケーションがHTMLファイルなどを表示する際のコンポーネントとしても、IEはよく利用されている。

 そのIEにも「サポート期限」があることをご存じだろうか? サポート終了をめぐって大きな話題になったWindows XPと同様、IEもマイクロソフトによる延長サポートが終了すると、セキュリティパッチの無償提供が停止される。それ以後に発覚した脆弱(ぜいじゃく)性は修正されず、セキュリティ面でひどく脆くなってしまう。

 従って、サポートが終了するまでにIE(場合によってはOS本体)を上位のバージョンにアップグレードする必要がある。それには、IEのサポート終了時期を把握しておかなければならない。

 そこで本稿では、Windows OSごとにIEの各バージョンの延長サポート終了時期を、一目で分かるように図で表してみた。Windowsシステムのライフサイクル管理に役立てていただきたい。

●Windows VistaでのIEのサポート終了時期

 Windows Vistaの場合、IE7〜IE9が利用できる。このうちWindows Vista自体の延長サポートが終了する2017年4月12日まで使えるのは、IE9に限られる。IE7/IE8については、それより前の2016年1月13日に終了する。

Windows VistaでのIEのサポート終了時期 Windows VistaでのIEのサポート終了時期
IE7/IE8のサポートは、2016年1月13日に終了する。IE9はOS本体とともに2017年4月12日までサポートが継続される。

●Windows 7でのIEのサポート終了時期

 Windows 7の場合、執筆時点ではIE8〜IE11が利用できる。このうちWindows 7自体の延長サポートが終了する2020年1月15日まで使えるのは、IE11以降の最新版IEに限られる。IE8〜IE10については、それより前の2016年1月13日に終了する。

Windows 7でのIEのサポート終了時期 Windows 7でのIEのサポート終了時期
IE8〜IE10のサポートは、2016年1月13日に終了する。最新版IE(執筆時点ではIE11)だけは2020年1月15日までサポートが継続される。

●Windows 8でのIEのサポート終了時期

 Windows 8はWindows 8.1にアップグレードしない限り、OSそのもののサポートが2016年1月13日に終了する。プレインストールであり唯一利用可能なIE10のサポートも、もちろん同時に終了する。

Windows 8でのIEのサポート終了時期 Windows 8でのIEのサポート終了時期
IE10のサポートも、OS本体と同じ2016年1月13日に終了する。サポートを延長するにはWindows 8.1へのアップグレードが必要だ(その際、IEもIE11にアップグレードされる)。

●Windows 8.1でのIEのサポート終了時期

 Windows 8.1の場合、利用できるIEはプレインストールのIE11だけだ。これは、Windows 8.1自体の延長サポートが終了する2023年1月11日まで利用できる。

Windows 8.1でのIEのサポート終了時期 Windows 8.1でのIEのサポート終了時期
最新版IE(現時点ではIE11)はOS本体とともに2023年1月11日にサポート期限を迎える。

●Windows 10でのIEのサポート終了時期

 Windows 10の場合、IE11と新ブラウザー「Microsoft Edge」がプレインストールされている(そのほかのIEは利用できない)。どちらもWindows 10自体の延長サポートが終了する2025年10月15日まで利用できる。

Windows 10でのIE/Edgeのサポート終了時期 Windows 10でのIE/Edgeのサポート終了時期
最新版IE(現時点ではIE11)と新ブラウザー「Microsoft Edge」ともに、OS本体と同じ2025年10月15日にサポート期限を迎える。

●Windows Server 2008でのIEのサポート終了時期

 Windows Server 2008の場合、IE7〜IE9が利用できる。このうちOS本体の延長サポートが終了する2020年1月15日まで使えるのは、IE9に限られる。IE7/IE8については、それより前の2016年1月13日に終了する。

Windows Server 2008でのIEのサポート終了時期 Windows Server 2008でのIEのサポート終了時期
IE7/IE8のサポートは、2016年1月13日に終了する。IE9はOS本体とともに2020年1月15日までサポートが継続される。

●Windows Server 2008 R2でのIEのサポート終了時期

 Windows Server 2008 R2の場合、執筆時点ではIE8〜IE11が利用できる。このうちOS本体の延長サポートが終了する2020年1月15日まで使えるのは、IE11以降の最新版IEに限られる。IE8〜IE10については、それより前の2016年1月13日に終了する。

Windows Server 2008 R2でのIEのサポート終了時期 Windows Server 2008 R2でのIEのサポート終了時期
IE8〜IE10のサポートは、2016年1月13日に終了する。最新版IE(執筆時点ではIE11)だけは2020年1月15日までサポートが継続される。

●Windows Server 2012でのIEのサポート終了時期

 Windows Server 2012自体の延長サポートは2023年1月11日に終了する。同OSで唯一利用可能なIE10も、同時期に終了する。

Windows Server 2012でのIEのサポート終了時期 Windows Server 2012でのIE10のサポート終了時期
同OSで唯一利用できるIEのサポートは、OS本体とともに2023年1月11日に終了する。

●Windows Server 2012 R2でのIEのサポート終了時期

 Windows Server 2012 R2の場合、執筆時点ではIE11だけが利用できる。Windows Server 2012 R2自体の延長サポートが終了する2023年1月11日まで使えるのは、IE11以降の最新版IEに限られる。

Windows Server 2012 R2でのIEのサポート終了時期 Windows Server 2012 R2でのIEのサポート終了時期
最新版IE(現時点ではIE11)はOS本体とともに2023年1月11日にサポート期限を迎える。

●2016年1月以降は「最新のIE」に更新し続ける必要がある

 IEのサポート期限は2016年1月13日を境に大きく変わる。この日までは、どのバージョンのIEでもサポート期限は、それをインストールしたWindows OS本体と共通である。つまり、2016年1月13日以前にサポートが終了するWindows OSの場合、どのバージョンのIEでもOSと同時期までサポートが継続される。

 しかし2016年1月13日以降、Windows OS本体と同じサポート期限が適用されるのは「最新のIE」だけに限られるようになる。古いIEのサポートは2016年1月13日で終了し、以後はセキュリティパッチが(無償では)提供されなくなる。

 ここで注意すべきは「最新のIE」という言葉がどのバージョンのIEを指すのか、という点だ。執筆時点では、最新版であるIE11がどのWindows OSでも、そのサポート期限まで使い続けられるように思える。だが、もし「IE12」が今後リリースされたら、IE11は「最新のIE」ではなくなるので、そのサポート期限も早まる可能性が高い。

 2016年1月13日以降、古くなったIEがどれくらいの猶予期間を経てサポート終了を迎えるのか、現時点では明らかになってない。判明したら、本TIPSの記述を更新して読者諸氏にお伝えするつもりだ。

●IE8との互換性維持には「エンタープライズモード」が利用できる

 「最新のIEに更新しろ」と言われても、そうはいかない理由の1つとしてよく挙げられるのは、古いIEに依存したWebコンテンツの存在だ。特に企業内システムでは、IE8でしか正常に動作しないWebアプリケーションが残っていることがよくある。

 こうした場合には、IE11に搭載された「エンタープライズモード」を活用するとよいだろう。これはIE8の環境をエミュレーションすることで、過去のIEのバージョンとの互換性を向上させるという動作モードだ。これにより、最新のIEに移行しても、Webアプリケーションの方は古いまま利用できる可能性が高まる(ただしエンタープライズモードも万能ではなく、Webアプリケーションによっては動作しないこともある)。

 エンタープライズモードと古いIEとの重要な違いは、最新のIEで利用する限り、エンタープライズモードはWindows OS本体と同じ期限までサポートされる、という点である。つまりエンタープライズモードが使えるなら、サポート終了後も解消できない脆弱性を抱えたまま古いIEを運用し続ける、といった苦労は不要ということだ。

■更新履歴

【2015/12/14】Windows 10に対応しました。

【2015/03/11】初版公開。


「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2016 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

編集部からのお知らせ

@IT編集部では、編集記者を募集しています。ご興味のある方は奮ってご応募ください。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。