Special
» 2015年03月18日 07時00分 公開

“Time to Value”を突き詰める中で生まれたオラクルならではの解:既存のスキル/資産を最大限に生かせる道具立てでビッグデータをビジネス価値に変える (1/3)

Oracle Databaseユーザーにいち早くビッグデータの価値を届けるべく、オラクルはハードウエアからソフトウエアまで、各種ビッグデータソリューションの開発/提供に力を入れている。同社のビッグデータ戦略の特徴、企業にもたらすメリットについて、米国オラクルでビッグデータ製品を担当するブラッド・テュークスベリー氏に聞いた。[ビッグデータ][Big Data][Data Integration]

[PR/@IT]
PR

企業がビッグデータ活用に乗り出す三つの目的とは? エアバスは開発時のテスト期間短縮と販売機会ロスの削減に成功

米オラクル Big Data Management担当シニアディレクターのブラッド・テュークスベリー氏

 先行して取り組む企業の成功事例からビッグデータの有効性が明らかになるにつれ、国内でもビッグデータの活用に乗り出す企業が増えている。そうした企業にとって最初のハードルとなるのが、ビッグデータ活用のためのデータマネジメント基盤の構築だ。ビッグデータ活用では、「Apache Hadoop」(Hadoop)やNoSQLといった最新技術の長所を生かし、それらをうまく組み合わせることが重要となるが、一方で必要とされるスキルやインテグレーションの複雑さ、セキュリティへの対応が課題となる。

 こうした課題に直面する企業に対し、Oracle Databaseで培った資産やノウハウ/スキルを生かしながらビッグデータ活用をスムーズに進められるよう、オラクルは各種のビッグデータソリューションを提供している。それらのソリューションに備わる魅力、企業にもたらす価値について、米オラクルでビッグデータ関連製品を担当するブラッド・テュークスベリー氏(Big Data Management担当シニアディレクター)に聞いた。

 ビッグデータ活用に取り組む各国の企業を間近で見てきたテュークスベリー氏によれば、ビッグデータを使って企業が実現したいことは、大きく分けて三つに分類できるという。

 「一つ目は『カスタマーエクスペリエンスの向上』で、これが最も重視されています。どの業種の企業も、ビッグデータを活用することで顧客をより深く理解してカスタマーエクスペリエンスを向上させ、さらに最適な製品やサービスを提供して収益性を高めたいと考えています。二つ目は『業務オペレーションの効率化』で、既存のビジネスプロセスの効率化やコスト削減、自動化をどのように実現するかが検討されています」(テュークスベリー氏)

 そして三つ目が、「新たなビジネスモデルの構築」である。「HadoopやNoSQL、RDBMSなどさまざまな技術を組み合わせることで、多種多様なデータを総合的に活用し、これまでにない新たなビジネスモデルを創出することが可能となるのです」とテュークスベリー氏は説明する。

 これらのうち、「業務オペレーションの効率化」を目的とする活用例として、テュークスベリー氏は仏エアバスの事例を取り上げた。

 世界有数の航空機メーカーであるエアバスは、機体の開発プロセスの改善にビッグデータを活用している。航空機の開発/製造段階では、機体の品質や飛行性能などを確認するためにテストフライトを行う。その際、機体各所に取り付けた10万個余りのセンサーでさまざまな計測データを収集し、それを分析することによって航空機の性能や品質を検査するわけだが、従来、この莫大なデータの分析処理には数日から数週間を要していた。同社はオラクルのビッグデータソリューションを活用することにより、この分析処理を数時間に大幅短縮。その結果、テストフライトによるデータ収集、性能分析、原因追求、修正という一連の航空機開発ライフサイクルのスピードアップとコスト削減が可能となり、市場投入リードタイムを短縮することで、販売機会ロスの削減も果たしたという。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2015年4月17日

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。