連載
» 2015年03月27日 19時00分 UPDATE

Tech TIPS:Androidのユーザー辞書に単語を登録する(Google日本語入力編)

スマートフォン/タブレットの日本語入力システム(IME)では、会社名や人名などが一発で検索できないことがよくある。そんな場合は、IMEのユーザー辞書に単語を登録すればよい。Android向けの「Google日本語入力」で単語を登録する手順を解説。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
Tech TIPS
Windows Server Insider


「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象ソフトウエアとハードウエア:Google日本語入力(Google IME)、Android OS搭載スマートフォン/タブレット



解説

 会社名や人名といった固有名詞を日本語入力システム(IME)で変換するたび、誤変換でイライラした経験は誰にでもあるだろう。特にスマートフォン/タブレットの場合、ソフトウエアキーボードでの誤入力と相まって入力効率を落とすことになりがちだ。

 そんなときはIMEのユーザー辞書に、よく使う単語を登録すれば、簡単に変換できるようになる。現在ではWindowsなどのデスクトップ環境に限らず、Android OS用の日本語IMEならたいていは単語登録が可能だ。

 ただ、単語登録の手順は日本語IMEの種類によって異なる。本稿では「Google日本語入力(Google IME)」を対象に、ユーザー辞書に単語を登録して、確実に正しい単語へ変換できるようにするための手順を説明する。

設定方法

 Google日本語入力のユーザー辞書に単語を登録するには、そのソフトウエアキーボード左下隅の入力モード変更ボタンを長押しする。すると「入力オプション」というダイアログが表示されるので、[Google日本語入力の設定]をタップして設定メニューを開く。ホーム画面から設定する場合は、[設定]−[言語と入力]−[Google日本語入力]の歯車アイコンをタップする。このあとの単語登録の手順は次の通りだ。

Google日本語入力のユーザー辞書に単語を登録する(その1) Google日本語入力のユーザー辞書に単語を登録する(その1)
これはGmailアプリの送信メール作成中に単語の登録をしようとしているところ。キーボードが表示されていない場合は、ホーム画面に戻って[設定]−[言語と入力]−[Google日本語入力]の歯車アイコンをタップして、次へ進む。
  (1)これを長押しすると、(2)の「入力オプション」が表示される。
  (2)[Google日本語入力の設定]をタップする。
Google日本語入力のユーザー辞書に単語を登録する(その2) Google日本語入力のユーザー辞書に単語を登録する(その2)
これはGoogle日本語入力の設定メニュー。
  (3)スクロールして「辞書関連の設定」を見つける。
  (4)[辞書ツール]をタップする。
Google日本語入力のユーザー辞書に単語を登録する(その3) Google日本語入力のユーザー辞書に単語を登録する(その3)
これはGoogle日本語入力の辞書関連の設定画面。
  (5)デフォルトでは「ユーザ辞書1」という名称のユーザー辞書のみが用意されている。これに単語を登録する場合は、そのまま(6)へ進む。他にもユーザー辞書がある場合は、これをタップして表示される一覧から適切な辞書を選んだ後に、(6)へ進む。
  (6)「+」のアイコンをタップする
Google日本語入力のユーザー辞書に単語を登録する(その4) Google日本語入力のユーザー辞書に単語を登録する(その4)
ここでは固有名詞として弊社の会社名を登録してみる。
  (7)変換・表示してほしい単語を記入する。
  (8)「読み」を記入する。この単語を入力したときに、変換候補として(7)がリストアップされる、ということだ。
  (9)タップすると表示される一覧から、適切な品詞を選択する(会社名の場合は「組織」の方がよいかもしれない)。
  (10)[OK]をタップすると登録作業は完了だ。
Google日本語入力のユーザー辞書に単語を登録する(その5) Google日本語入力のユーザー辞書に単語を登録する(その5)
これは単語登録後の「辞書ツール」画面。登録した単語が読みや品詞とともに一覧で表示される。

 以上のようにして単語登録を完了したら、テキスト入力画面で、登録した単語の読みを入力してみよう。変換候補の一覧のうち、優先度の高い方に、登録した単語が表示されるはずだ。

■単語登録前

ユーザー辞書への単語登録前の変換候補

■単語登録後

ユーザー辞書への単語登録後の変換候補 ユーザー辞書への単語登録前(上)と後(下)の変換候補の違い
これは「da」という単語を入力したとき、自動的に表示された変換候補の一覧。
  (1)単語を登録する前は、「da」から始まる英単語だけが変換候補としてリストアップされていた。
  (2)単語登録後は、「デジタルアドバンテージ」という候補が一覧に表示されるようになった。

 複数の単語を一括登録したり、登録した単語をエクスポートしたりする方法については、別途解説する。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。