Special
» 2015年04月08日 10時00分 UPDATE

10分でチェックできる:VMware製品の運用担当者、必見の動画3選 (1/3)

サーバ仮想化による統合と運用業務の集約で、現場はむしろ過酷に? 障害対応、リソース調達計画、割り当て見直し、月次レポート作成……。全てをこなす“ツワモノ”に送る、仮想化基盤運用効率化するための動画3選、わずか10.5分だ。

[PR/@IT]
PR

vSphereユーザー必携の便利ツールとは?

 仮想化によるサーバ統合・集約が実現すると、障害対応や将来的な追加リソース調達計画といった業務も集約できるようになる。一方で、仮想化によるサーバ統合・集約が進んだ結果、仮想化された環境それぞれがサイロ化してしまうという、物理サーバ環境で起こっていた問題がそのまま、仮想環境でも生じてしまうことが多い。

 富士通におけるVMware製品対応の技術アドバイザーとしても活躍する土村忠生氏(富士通 プラットフォーム技術本部 クラウドインフラセンター シニアプロダクトプランナー)は、ITシステム運用のうちでも、特に仮想化ならではの観点を考慮した運用の重要性を訴える。そして、従来のvCenter Serverのみでの管理について、「仮想マシンが増えた際の管理が煩雑となること、リソース利用状況の分析や将来予測機能が弱い」という課題を指摘する。

 下記動画では、土村氏がシステム運用における課題とその解決への道筋について紹介する(再生時間:3分15秒)。



【期間限定】特別割引価格のご案内

 富士通では、「VMware vSphere」「vRealize Operations Manager Standard(旧称:vCenter Operations Manager)」がセットになった「VMware vSphere with Operations Management」(vSOM)を、特別割引価格で提供するキャンペーンを期間限定で実施中です。最大で14%オフになるこのチャンスにぜひ導入をご検討ください。


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ヴイエムウェア株式会社/富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2015年5月7日

オススメのキャンペーン

「VMware vSphere」と仮想化基盤の運用を効率化する「vRealize Operations Manager」がセットになった「VMware vSphere with Operations Management」(vSOM)を、特別割引価格で提供するキャンペーンの詳細情報はこちら。

関連リンク

「PRIMERGY」などのサーバー製品、「ETERNUS」などのストレージ製品の他、ITインフラ関連ソリューション、コンサルティングサービスの情報なども。

本稿で言及した「VMware vSphere with Operations Management」のデータシートや技術情報など。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。