ニュース
» 2015年04月10日 15時30分 UPDATE

「競合はIBMでもSAPでもなく、セールスフォースとAWS」――ラリー・エリソン氏

日本オラクルが「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」を開催。その基調講演に、米オラクルのCTO、ラリー・エリソン氏が登壇、「Oracle Cloud」推進のために日本にデータセンターを開設する構想を明らかにした。

[原田美穂,@IT]

 2015年4月9〜10日の2日間、日本オラクルは「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」を開催している。その基調講演に米オラクルのCTO(Chief Technology Officer:最高技術責任者)であるラリー・エリソン氏が登壇した。

mhss_erison3.jpg

 エリソン氏は、まず、オラクルによるSaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、IaaS(Infrastructure as a Service)、DaaS(Data as a Service)などを包括する「Oracle Cloud」のうち、SaaS「HCM(Human Capital Management) Cloud」サービスの直近の成長を示した。

mhss_hcmCloudgrows.jpg

 Oracle Cloudは2012年に発表したクラウドサービスで、当初、Oracle DatabaseやJavaアプリケーション実行環境といったPaaS「Oracle Cloud Platform」を軸に展開してきたが、直近では、前述のHCM CloudのようにSaaS型アプリケーションの提供も始めている。講演冒頭でエリソン氏がHCM Cloudの成長を示したことで、もはやOracle CloudがPaaSだけではないことを証明したといえる。

 HCM Cloudについて、エリソン氏は「(単にオンプレミスのアプリケーションをクラウドサービス上に置き換えたような)ホスティングサービスではない、クラウド上のアプリケーションサービス」であるとして、ソーシャル連携、マルチデバイス対応、BI(ビジネスインテリジェンス)ポータル機能などを、現代的なSaaSとして価値のある形で提供している、とSaaSビジネスの成功をアピールした。

 その上で、SaaS/クラウドビジネスに関しては「いま、オラクルにとっての競合はSAPでもIBMでもなく、セールスフォースドットコムとAmazon Web Services(AWS)。彼らを抜いてSaaS/クラウド市場で一番になる」と宣言した。

 この日、エリソン氏はOracle Cloudを支えるデータセンターについても言及。現在各国に拠点を構えており(19拠点)、「今年中に日本にもデータセンターを用意する」と国内データセンターの開設を明言した。

mhss_dc.jpg

 なお、IaaS領域については、Oracle Exadataなどの同社「エンジニアド・システム」のハードウエアをリースの形態でユーザー/パートナー企業に提供する「Orcle IaaS Private Cloud」を発表している。

日本のデータセンターは? パートナーとの関係は?

 基調講演ではラリー氏の講演に続き、日本国内のパートナー企業トップを交えたパネルディスカッションも行われた。

mhg5all.jpg 写真左から、日本オラクル代表取締役社長兼CEO 杉原博茂氏、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)代表取締役社長 菊池哲氏、エヌ・ティ・ティ・データ 代表取締役社長 岩本俊男氏、NEC 代表取締役 執行役員社長 遠藤信博氏、富士通 代表取締役社長 山本正己氏、ラリー・エリソン氏 登壇各社は、社会インフラとしてのITシステムを推進する中で、オラクルとのパートナーシップを強化する考えを示した

 直前に国内データセンターの話題が出たが、これについてエリソン氏は「他国ではオラクルが直接サービスを販売している。ただし、日本の商習慣はよく理解しており、パートナー各社を介したセールスの重要性も理解している。日本国内にデータセンターを置く必要はあるが、一方で、パートナーのデータセンターに向けてもサービスを提供する方針だ。日本国内にはパートナーのデータセンターを含め複数の拠点を持つことになるだろう」と語った。

mhss_g5.jpg パネルディスカッションの終わりには、杉原氏から「ここに集まったパートナーとオラクルの5社を『G5』メンバーとし、世界に最良のソリューションを届けることを表明したい」として、今後、これら5社でワーキンググループ活動などを推進するという呼び掛けがあり、登壇パートナー4社はその場で快諾した

 なお、この日、日本オラクルでは、PaaS「Oracle Cloud Platform」に特化してエンジニア向けワークショップの展開やパートナー企業との協業に向けた活動をを進める組織を発足。同社が持つ検証センター「Oracle Solution Center」でもオンプレミス/Oracle Cloud間のハイブリッドクラウド検証環境を整備することを発表している。現在日本国内で提供中のOracle Cloud Platformサービスは下記の五つ。

  • Oracle Database Cloud Service:Oracle Databaseをクラウドで提供するサービス
  • Oracle Java Cloud Service:アプリケーション実行基盤「Oracle WebLogic Server」をクラウドで提供するサービス
  • Oracle Developer Cloud Service:Java EEアプリケーション開発支援向けALM(Application Lifecycle Management)サービス
  • Oracle BI Cloud service:セルフサービスBI(Business Intelligence)サービス
  • Oracle Documents Cloud Service:クラウド型ファイル共有サービス

 日本オラクルでは、Oracle Database、Javaのエンジニア約一万人を対象に、Oracle Cloud Platform技術者育成も推進する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。