連載
» 2015年04月17日 05時00分 UPDATE

Unity 5で無料になった機能の使い方(1):UnityでWebカメラの画像をリアルタイムで複数テクスチャとして表示する&Kinectセンサーと連動させる (1/3)

ゲーム開発環境Unity 5の「Personal Edition」では、Unity 4.6以前では有料だった機能が無料で使えるようになった。本連載では、Unity 5で無料になった機能の使い方について解説していく。初回はWebカメラと、「Kinect for Windows v2」を使ったサンプルを紹介する。

[薬師寺国安,PROJECT KySS]
「Unity 5で無料になった機能の使い方」のインデックス

連載目次

Unity 5 Personal Editionは無料といえど使用制限がある

 2015年3月4日、Unityの最新版「Unity 5」が正式リリース。Unity 4.6以前では有料だった機能が、無料のUnity 5 Personal Edition(以下、Unity 5)で使用可能になった。そこで本連載では、Unity 5で無料になった機能の使い方について解説していく。

 ただし、Unity 5 Personal Editionは無料といえど、企業が使う上では、一部使用制限があるので、「Unity Pro および Unity Personal ソフトウェアライセンス契約 バージョン 5.x」を参照しておいてほしい。

 Unity 4.5/4.6の使い方については、連載「ゲーム開発初心者のためのUnity入門」を参照してほしい。また、Unity 5での新規プロジェクトの作り方やUnity 4.5/4.6とUnity 5の基本的なメニューの違いについては、記事「Unity Web Playerなどへの書き出し&Unity 4.6とUnity 5の互換性、基本的なメニューの違い」を参照してほしい。

 なお筆者の環境では、Unity 4.5/4.6をインストールしたPCにUnity 5を追加している。機能を紹介するためのサンプルアプリを作る過程や、ローカルPCからのアセットのインポートなど、一部Unity 4.5/4.6の環境に依存している部分もあるが、本連載はUnity 5で無料で使えるようになった機能の紹介がメインなので、あらかじめご了承いただきたい。

 初回は、Unity 4.6以前では有料のPro版で使用可能だったWebカメラと、「Kinect for Windows v2」(以下、Kinect)を使ったサンプルを紹介する。

Unity 5でWebカメラを使うサンプルの準備

 Webカメラに関しては、外付けのWebカメラでもPCに内蔵されているWebカメラでもどちらでも問題ないが、筆者の環境では外付けのWebカメラを使用している。

 今回は、「Plane」「Cube」「Sphere」にWebカメラの画像を表示するが、単に表示させただけではつまらないので、その周囲を3Dキャラが動き回るサンプルにしてみよう。単にWebカメラの使い方が知りたい方は、「Webカメラの画像をリアルタイムで複数テクスチャとして表示する」の章から読んでいただいても構わない。

新規プロジェクトの作成

 まずは、Webカメラを使ったサンプルの新規プロジェクトを作成しよう。

 「Project name」に「Unity 5_WebCamera」と指定し、「3D」を選択して「Create project」ボタンをクリックする。

Asset Storeから必要なAssetをインポートする

 今回、Asset Storeから「Import」するのは、下記の無料にAssetが2つだ。

  • Cartoon BigHead Starter(無料)
  • Mecanim Locomotion Starter Kit(無料)

 Asset Storeの検索欄に「Cartoon BigHead Starter」と入力すると「Import」画面が表示されるので、「Import」する(図1)。

図1 「Cartoon BigHead Starter」を「Import」する

 同様に検索欄に「Mecanim Locomotion Starter Kit」と入力すると、「Import」画面が表示されるので」、「Import」する(図2)。

図2 「Mecanim Locomotion Starter Kit」を「Import」する

 これら2つのAssetを「Import」すると「Project」内に「Import」したファイルのフォルダーが作成される(図3)。

図3 ファイルが「Import」された
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。