連載
» 2015年04月20日 05時00分 UPDATE

サーバー管理者のためのChef超入門(3):WordPress構築で学ぶ、サーバー構築作業をChefのCookbookとして記述するためのポイント (1/2)

エンタープライズ向け機能が充実してきたChefを使って高速かつ精度の高いサーバーインフラを構築/管理する方法について解説する連載。今回は、WordPressを手動でインストール手順や、Cookbookとは何か、Recipeとは何か、WordPressサーバー構築を例としたCookbook作成の進め方などについて解説します。

[大喜多利哉,@IT]
「サーバー管理者のためのChef超入門」のインデックス

連載目次

WordPress構築を基にCookbookの作り方を学ぶ

 前回の「Knife-ZeroでCookbookの作成/実行/削除&git cloneコマンドでCookbookの取得」までで、Chefのインストールおよび開発環境・実行環境の構築が完了しました。

 今回はChefのCookbookの作り方について解説していきます。前回に引き続き、以下の環境を使用しますが、ノードは新しいものを新たにセットアップしておいてください。

chef1_7.jpg 連載第1回で構築したChef-ZeroをKnife-Zero経由で利用するCookbook開発環境

 作るCookbookのお題は「WordPressサーバーの構築」で、条件は以下の通りとします。

  1. OSはCentOS 6.6を使用
  2. ApacheとMySQLは同一サーバー内(上記画像の「ノード」)にインストールする
  3. MySQLはRemiリポジトリを使用してインストールする
  4. 「wp.example.com」というバーチャルホストを作成し、ホスト名を「wp.example.com」、ドキュメントルートを「/var/www/wp.example.com/wordpress」とする
  5. エラーログとカスタムログのファイル名を以下の通りとする
    • wp.example.com-error_log
    • wp.example.com-access_log
  6. MySQLにwordpressユーザーとwordpressデータベースを作成し、ユーザーにデータベースへのアクセス権を付与する


WordPressを手動でインストールすると……

 上記条件に沿って、全手動でインストールすると、以下のようなイメージの手順が出来上がると思います。

yum install epel-release
rpm -Uvh  http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
【1】リポジトリ設定
yum install httpd php php-mysql
yum --enablerepo=remi install mysql-server
【2】Apache、PHP、MySQLのインストール
cd /usr/local/src
wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.1.1-ja.tar.gz
tar xvf wordpress-4.1.1-ja.tar.gz
mv wordpress /var/www/wp.example.com
chown -R apache:apache /var/www/wp.example.com/
【3】WordPressのダウンロードと解凍
vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
※末尾に下記を追記
<VirtualHost *:80>
    ServerAdmin webmaster@wp.example.com
    DocumentRoot /var/www/wp.example.com
    ServerName wp.example.com
    ErrorLog logs/wp.example.com-error_log
    CustomLog logs/wp-example.com-access_log common
</VirtualHost>
/etc/init.d/httpd restart
【4】バーチャルホスト設定
/etc/init.d/mysqld start
mysql -u root ?p
create database wordpress;
grant all privileges on wordpress.* to wordpress@localhost identified by '<パスワード>';
flush privileges;
\q
【5】WordPress用MySQL設定

 この【1】〜【5】の手順がCookbook作成を進める方針の基になりますので、覚えておいてください。後ほど、説明します。

 上記が完了したら「C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts」を管理者権限で起動したメモ帳で開き、末尾に以下の行を追記します。

<ノードのIPアドレス> wp.example.com

 ブラウザーで「http://wp.example.com/」にアクセスします。以下の画面が表示されるはずですので、[さあ、始めましょう!]をクリックします。

chef3_1.jpg

 前述の「【5】WordPress用MySQL設定」に沿って必要事項を入力します。

chef3_2.jpg

 [インストールを実行]をクリックします。

chef3_3.jpg

 WordPressのインストール画面になりますので、WordPress管理用の情報を入力し、[WordPressをインストール]をクリックします。

chef3_4.jpg

 [ログイン]をクリックします。

chef3_5.jpg

 先ほど入力したWordPress管理用のユーザー名とパスワードを入力し、ログインします。

chef3_6.jpg

 WordPressの構築が成功したことが確認できました。

chef3_7.jpg

 次ページからは、WordPressサーバー構築のCookbookの作り方を解説していきます。Chef独特の用語が多く、初めはとっつきにくいかもしれませんが、次第に慣れていけると思います。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。