Special
» 2015年05月15日 07時00分 公開

Oracle CloudWorld Tokyo 2015リポート:ビッグデータとクラウドのためのOracle Data Management

「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」の特設サイト『ORACLE CLOUDWORLD ONLINE』から、注目セッションを紹介する本シリーズ。今回はオラクルの最新ビッグデータソリューションを紹介する。[ビッグデータ][Big Data]

[PR/@IT]
PR

おことわり

 本シリーズは2015年4月9〜10日に開催されたイベント「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」の特設サイト『ORACLE CLOUDWORLD ONLINE』から、注目セッションのリポートを転載したものです(初出)。



コアデータプラットフォームを延べ数万人/年の時間をかけて開発

 「オラクルのビッグデータソリューション最新ストラテジーとロードマップ」と題したセッションでは、米オラクル データウエアハウス&ビッグデータテクノロジーズ担当 シニア・バイスプレジデントのチェティン・オズブトゥン氏が、オラクルの最新ビッグデータソリューションを紹介した。

米オラクル データウエアハウス&ビッグデータテクノロジーズ担当 シニア・バイスプレジデント チェティン・オズブトゥン氏

 オラクルではエンタープライズクラスのビッグデータ管理プラットフォームにおいて、「データリザバー」と「データウエアハウス」を中心に捉えており、セキュリティ、パフォーマンス、そして可用性について、30年間以上におよぶ継続的なイノベーションを実現。「延べ数万人/年の時間と工数を掛けて開発してきた」とオズブトゥン氏は語る。

例えば「Oracle Database 12c」ではスキーマレスな(スキーマ統合が不要な)開発を実現しており、JSON形式のドキュメントをネイティブに扱うことが可能だという。また、「ドキュメントストアAPIを提供することで、アプリケーション開発のスピードアップと強力なSQLアクセスも実現している」と、継続的な開発の成果を示した。

あらゆるデータソースへの高速アクセスニーズにも対応

 従来のデータベースは、データアクセスの種類によって異なるインターフェースを利用する必要があったことから、個別の「サイロ」が発生していた。また、Oracle Database、Hadoop、NoSQLを網羅した包括的なSQLインターフェースが存在しないことは、データアナリティクス上の課題だった。

オズブトゥン氏は、「構造化/非構造化データや豊富なSQL分析機能に対応した『Oracle Big Data SQL』は全てのエンタープライズデータへ効率的にアクセスできる」と述べ、以上のような課題の解決策を示すものであることを強調した。

 また、「Oracle Exadata Cloud Service」と「Oracle Big Data Appliance Cloud Service」を近日提供予定だという。これにより、オンプレミスまたはプライベートクラウドと、Oracle Cloud(パブリッククラウド)の両方の環境で、ワークロードを透過的に移動できる「Oracle Database as a Service」を実現するという。

テクノロジの変遷とともに顧客の投資を保護してきたオラクル

 ビッグデータ用のエンジニアドシステムも拡充している。「Oracle Exadata X5-2」や「Oracle Big Data Appliance X5-2」は、前世代から価格は据え置きながら、メモリとCPUを倍以上に拡充しており、Hadoopクラスターを構築する場合は、手組みよりも低コストかつ短期間に実現できる可能性があるという。この他、Oracle Databaseについては、In-Memory技術により、行とカラムの両方のインメモリフォーマットによるOLTPと分析を同時実行可能なデュアルフォーマットのインメモリデータベースを実現している。

 オラクルは継続的な技術革新を行っており、テクノロジの変遷をキャッチアップし続けることで顧客の投資を保護してきた。「新しいアプリケーションについても、可用性、パフォーマンス、セキュリティの面で劣ってはならない」とオズブトゥン氏は語る。

 「オラクルは最先端のプラットフォームを提供する世界で唯一のデータベースベンダー。ビッグデータとクラウドのためのOracle Data Managementに期待してほしい」(オズフトゥン氏)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2015年6月17日

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。