連載
» 2015年05月18日 05時00分 UPDATE

田中淳子の“言葉のチカラ”(18):あなたが未来に描くもの

人材育成歴30年の田中淳子さんが、職業人生の節目節目で先輩たちから頂いてきた言葉たちを紹介する本連載。今回は大学の先生に頂いた言葉と、「計画された偶発性」を実践してきた人々の「キャリア」を紹介する。

[田中淳子,@IT]
田中淳子の“言葉のチカラ”
「田中淳子の“言葉のチカラ”」

連載目次

 人材育成歴30年の田中淳子さんが、人生の先輩たちから頂いた言葉の数々。時に励まし、時に慰め、時に彼女を勇気付けてきた言葉をエンジニアの皆さんにもお裾分けしたい、と始まった本連載。前回は、淳子さんの職業選択に大きな影響を与えてくれた先輩の言葉を紹介した。今回は少し趣を変えて、淳子さんが最近考えている「キャリアの描き方」を紹介する。

「いのち」の使い方、ふたたび

 以前、このコラムで「いのちとは時間」という話を紹介した。聖路加国際病院名誉院長 日野原重明先生がおっしゃっていた、「心臓は単なるポンプであって、いのちではありません。いのちは、一人一人に与えられた『時間』のことです。だから、あなたの大切な『いのち』=『時間』を、自分のためだけではなく、誰かのためにも使ってください」という話だ。

 いのちを無駄しないということは、与えられた時間を有効に使うということでもある。そう考えると身が引き締まる。自分の人生は、自分に与えられた時間。その時間をどうやって自分のために、そして他者のために使うか。どうやって「いのち」を価値あるものにするか。

 50代になったのをきっかけに「人生」について深く考えてみたいと思うようになり、「キャリア」をテーマにした講座に通うことにした。その初回の授業で、ある大学の先生がこうおっしゃった。正確な再現ではないが、書き出してみよう。

 キャリアを「仕事」と捉える人もいますが、現代のキャリア観では、キャリアは「人が生きている期間全体」を指します。

 キャリアを時間軸で捉えると、過去には戻れないし、過去は変えられない。けれども「これから」はまだ決まっていません。私たちは、これからの人生にまだ「何も描き込んではいない」のです。

 未来は「今ここから」始まります。これから先の未来に向かって、いくらでもデザインしていけるのです。

 日野原先生が言うように、いのちが「時間」であるとすれば、20代と50代では持っている「時間」は異なる。長さは違うけれど、「ここから先」に「まだ何も描き込んでいない」ことには変わりはない。

 そこに何をどのように描いていくのかを考えるのは、外ならぬ自分である。誰かが私のために描いてくれるものではない。自分で描いていかなければならないものなのだ。

 では、「今とこれから」を考えるためにはどうしたらよいのだろう。

偶然を自ら作り出す生き方

 私は「とにかく動いてみること」だろうと思っている。上記の先生がおっしゃった通り、人生のこれから先には「まだ何も描かれていない」。何を描けるかは分からないけれど、ただその場に立ち止まっていたら、何も起こらないのではないか。

 動いたからといって何かが起こるとは限らないけれど、少なくとも行動した分だけ何かを経験はできるはずだ。

 私は、クランボルツ氏の「計画された偶発性理論」が好きだ。ごくごく簡単に言うと「キャリアの80%は偶然に左右されている。しかし、その偶然を引き起こしているのは自分の行動である」といった理論だ。

 運命は偶然に左右はされるけれど、その偶然は、自分がしたこと、自分が動いたことから引き起こされる、というのである。

 母の友人にパッチワーク作家がいる。彼女は、若いころ何か仕事をしようと思い、洋裁教室の講師募集に応募した。一歩出遅れて洋裁の講師は決まった後だったが、「パッチワーク教室の講師が見つかっていない。あなた、できます?」と尋ねられ、「はい! できます!」と即答したという。

 その時点でパッチワークの経験はなかったのだが、その日、すぐに書店に行き、パッチワークの本を何冊か買い、自己流で練習し、パッチワーク教室の開講日に間に合わせたそうだ。洋裁の心得があったとはいえ、最初は付け焼き刃だった。だが、それから数十年を経て、彼女は今では有名な作家の一人になった。

 まさに「計画された偶発性理論」を地で行く例だ。

たかが一歩、されど一歩

 先日、ある勉強会で出会った臨床心理士のキャリアも興味深かった。

 「20年近く出版社で雑誌編集者をしていたのですが、40歳を過ぎた時、『あれ? 会社は私に何もしてくれないぞ』とふと思って、資格を持ってできる仕事に変わろうと決意したんです。それでスパッと会社を辞めて社会人大学院に入り、心理学系の勉強をして臨床心理士の資格を取りました。以来、クリニックで臨床心理士として仕事をしています」

 彼女も自分の「今とこれから」を考え、行動している。臨床心理士になったのは、心理学系の大学院に入ったからだそうだ。決して早くはないスタートだが、きっかけとなったのは、大学院に入るために自ら動いたことだ。

 身近な人の話を聞くと、大抵の人のキャリアは偶然に左右されている。しかし、その偶然を引き起こすための行動や選択は自分が行っている。

 これから先、まだ、何も描かれていない人生に何を描き、どう色付けていくのか。自分で考える必要があるし、自分で自由に考えられる時代でもある。

 良い偶然を引き起こすために、誰かに会ったり、何かをしたりしてみる。「チャンスの神様は前髪しか持っていない」とも言う。これだというチャンスが巡ってきたら、すかさずその前髪をつかむのだ。

 格別に大げさなことを考える必要はなく、ほんの小さな一歩でも足を前に踏み出すことが大事なんだと思う。これは、50代でも20代でもきっと同じだ。

 今回は自分に言い聞かせるように、コラムを書いてみた。

「田中淳子の“言葉のチカラ”」バックナンバー

筆者プロフィール  田中淳子

 田中淳子

グローバルナレッジネットワーク株式会社 人材教育コンサルタント/産業カウンセラー

1986年 上智大学文学部教育学科卒。日本ディジタル イクイップメントを経て、96年より現職。IT業界をはじめさまざまな業界の新入社員から管理職層まで、延べ3万人以上の人材育成に携わり28年。2003年からは特に企業のOJT制度支援に注力している。

日経BP社「日経ITプロフェッショナル」「日経SYSTEMS」「日経コンピュータ」「ITpro」などで、若手育成やコミュニケーションに関するコラムを約10年間連載。著書:「ITマネジャーのための現場で実践! 若手を育てる47のテクニック」(日経BP社)「速効!SEのためのコミュニケーション実践塾」(日経BP社)など多数。誠 Biz.ID「上司はツラいよ

ブログ:田中淳子の“大人の学び”支援隊!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。