連載
» 2015年05月21日 05時00分 UPDATE

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(15):Windows Server 2016では何が変わる? これまでの記事まとめ&フォローアップ

本連載では次期サーバーOS「Windows Server 2016」のマルウエア対策、Hyper-V、RDS、MultiPoint Servicesを紹介してきました。今回は、これまでの振り返りと、2015年5月に公開された「Technical Preview 2」での変更点をフォローアップします。

[山市良,テクニカルライター]
「vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目」のインデックス

連載目次

Windows Identity Foundation(WIF)3.5が復活

 Windows Serverの次期バージョン「Windows Server 2016」から消えそうな役割と機能については、本連載第1回で説明しました。

 最初のプレビュー版「Windows Server Technical Preview 1」では「Windows Identity Foundation(WIF)3.5」の機能が削除され、SharePointなどWIF 3.5に依存するアプリケーションに対応できないと説明しました。

 影響範囲が大きかったからでしょうか、2回目のプレビュー版「Windows Server Technical Preview 2」では、WIF 3.5のサポートが復活しました(画面1)。なお、「アプリケーションサーバーの役割」は削除されたままのため、SharePointはやはりインストールできません。

画面1 画面1 Windows Identity Foundation(WIF)3.5の機能のサポートが復活した

Virtual Machine ManagerからXen Serverのサポートが完全に削除

 統合運用管理スイートであるSystem Centerの次期バージョン「System Center 2016」から削除される機能については、本連載第2回で説明しました。

 削除される機能のリストに変更はありませんが、「Virtual Machine Manager Technical Preview 1」で残っていたCitrix XenServerの対応機能が、「Virtual Machine Manager Technical Preview 2」では削除されました(画面2)。

画面2 画面2 Virtual Machine ManagerのTechnical Preview 1(左)とTechnical Preview 2(右)。Citrix XenServerのサポートが完全に削除された

 System Centerの最初のプレビュー版「System Center Technical Preview 1」は、System Center 2012 R2をWindows Server Technical Preview 1およびSQL Server 2014に対応させたくらいで、新機能はほとんど実装されていませんでした。

 2回目のプレビュー版「System Center Technical Preview 2」では、いくつかの新機能が利用可能になっています。「Data Protection Manager」「Operations Manager」「Virtual Machine Manager」の新機能については、以下のWebサイトで確認できます。

 例えば、Virtual Machine Managerには、Windows Server Technical Preview 2 Hyper-Vの新機能に対応した機能が追加されています(画面3)。

画面3 画面3 Virtual Machine Managerは、Hyper-Vのクラウド向け新機能である「Host Guardian Service」および「Shielded Virtual Machine」に対応

 System Center Technical Preview 1では、「Configuration Manager」と「Endpoint Protection」のプレビュー版が提供されませんでした。System Center Technical Preview 2では、これらのプレビューが含まれています。Configuration Managerの新機能については、以下のWebサイトで確認できます(画面4)。

画面4 画面4 Configuration Managerは、AndroidおよびiOS対応のモバイルデバイス管理機能が強化されている

Windows Defender改めWindows Server Antimalwareを標準搭載

 本連載第3回では、Windows Serverにもマルウエア対策として「Windows Defender」が既定でインストールされると説明しました。ただし、GUI(Graphical User Interface)については、「GUI for Windows Defender」を手動で追加する必要があるとも説明しました。

 Windows Server Technical Preview 2では、Windows Defenderから「Windows Server Antimalware」に名称が変更されています。また、「GUI for Windows Server Antimalware」をインストールするためには、「Server Graphical Shell」および「Desktop Experience」のインストールを要求されることに注意が必要です(画面5)。

画面5 画面5 GUI for Windows Server Antimalwareの機能を追加するには、Server Graphical ShellおよびDesktop Experienceの機能が必要

 前回(本連載第14回)説明したように、Windows Server Technical Preview 2の二つのインストールオプションはどちらもServer Coreがベースであり、GUIシェルは既定でインストールされません。

 Windows Server Antimalwareは、Windows PowerShellの「Defender」モジュールを使用して詳細設定や手動更新、手動スキャンを実行できるようになりました。例えば、定義ファイルの更新には「Update-MPSignature」コマンドレット、手動スキャンの実行には「Start-MPScan」コマンドレットを使用します。

 また、これまでグループポリシーやレジストリで調整する必要があったスケジュールスキャンの構成や除外設定も、「Get/Add/Set-MPPreference」コマンドレットで行えるようになっています(画面6)。

画面6 画面6 Windows Server Antimalwareは、Windows PowerShellのコマンドレットによる構成と操作が可能になる

 Windows Server Technical Preview 2のWindows Updateの実装は暫定的なものであり、自動更新は正常に設定および機能しません。更新は「Sconfig」コマンドを使って手動で行います。そのため、コマンドラインユーティリティの「MpCmdRun -SignatureUpdate」コマンドやGUI for Windows Server Antimalwareを使用したWindows Updateからの更新はエラーで失敗します。なお、この問題は、Windows PowerShellの「Update-MPSignature」コマンドレットには影響しません。

Hyper-VにSLATはやっぱり必須

 Windows Server Technical Preview 1のHyper-Vの新機能については、本連載第4〜8回で説明しました。その中で、Technical Preview 2で変更になった重要な部分としては、第4回に関連する二つがあります。

 一つは、「SLAT(Second Level Address Translation)」のチェック機能の追加です。Windows Server Technical Preview 1のHyper-Vでは、SLATが必須要件となりました。この要件は、Technical Preview 2でも変更はありません。

 Technical Preview 1ではSLATに対応していなくても、Hyper-Vの役割を有効化できてしまう(Hyper-Vハイパーバイザーの起動は失敗する)という問題がありましたが、Technical Preview 2ではHyper-Vの役割を有効化する際にチェックしてくれるように改善されています(画面7)。

画面7 画面7 SLATに対応していないサーバーでは、「Hyper-Vの役割」を有効化できない

 もう一つは、仮想マシンの構成バージョンがTechnical Preview 1の「6.0」からTechnical Preview 2で「6.2」になったことです。これらのバージョンに互換性はないようです。筆者の環境では、Windows Server Technical Preview 1のHyper-Vで作成した仮想マシンをTechnical Preview 2のHyper-Vにインポートしようとしたら、インポート対象の仮想マシンを識別できず、インポートできないということがありました。

 Windows Server 2012 R2 Hyper-Vから移行またはインポートした仮想マシンは構成バージョン「5.0」であり、構成バージョンを手動でアップグレードするまでは新しいHyper-Vと古いHyper-V間で相互に移行できることを説明しました。

 Technical Preview 1では構成バージョンを手動でアップグレードするために「Update-VMConfigurationVersion」コマンドレットを使用しましたが、Technical Preview 2では「Update-VMVersion」コマンドレットに名称が変更されています。また、Technical Preview 2では、「Hyper-Vマネージャー」に構成バージョンをアップグレードするためのメニューが新たに追加されています(画面8)。

画面8 画面8 仮想マシンの構成バージョンは「6.0」から「6.2」に微妙に変更。旧Hyper-Vの構成バージョン5.0を6.2にアップグレードするためのGUIメニューが追加された

RemoteFX仮想GPUは4K解像度に対応

 Windows Server Technical Preview 1の「リモートデスクトップサービス(RDS)」の新機能については、本連載第9回で説明しました。

 Technical Preview 2では、RemoteFX仮想GPUの最大解像度として4K(3840×2160)のサポートが追加されました(画面9)。また、Windows PowerShellで構成する必要があったビデオRAMの調整が、Hyper-VマネージャーのGUIで設定できるように改善されています。

画面9 画面9 RemoteFX仮想GPUは4K解像度(3840×2160)に対応し、ビデオRAMをGUIで設定できるように

仮想デスクトップ機能はまだまだ問題多し

 Windows Server Technical Preview 1の「MultiPoint Services」の新機能については、本連載第10〜13回で説明しました。以下の第13回で説明した仮想デスクトップ機能について、Technical Preview 2における問題について触れておきます。

 MultiPoint Servicesでは、Windows 10 EnterpriseのISOイメージまたはDVDの「Install.wim」から仮想マシンテンプレートを作成する機能がありますが、この機能はTechnical Preview 2のMultiPoint Servicesでは機能しません。「Install.wim」をVHD形式に変換するスクリプトに問題があり、変換に失敗するからです(画面10)。

画面10 画面10 Technical Preview 2のMultiPoint ServicesとWindows 10 Enterprise Insider Previewの両方の問題により、MultiPoint Servicesの仮想デスクトップ機能は評価できない

 この他にも、Windows 10 EnterpriseをインストールしたVHDをインポートするという方法がありますが、テンプレートのカスタマイズで実行される「Sysprep」の処理はエラーで失敗するでしょう。こちらの問題は、Windows 10 Enterprise Insider Preview(ビルド10074)のSysprepの問題が影響しています。

 これらの問題があるため、Technical Preview 2のMultiPoint Servicesで仮想デスクトップ機能を評価することは難しそうです。

「vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目」バックナンバー

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Hyper-V(Oct 2008 - Sep 2015)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手がける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。