連載
» 2015年07月16日 05時00分 UPDATE

海外Webサービスのトリセツ(32):GitHubやTrelloなど70以上のWebサービスと誰でも連携できるチャットサービス〜Slack(スラック)の使い方:登録編

海外Webサービスの使い方を「日本語で」分かりやすく説明するシリーズ。今月はエンジニアに人気のWebコミュニケーションサービス「Slack(スラック)」を紹介します。

[Nextremer 下岡聡子,@IT]
本連載「海外Webサービスのトリセツ」のインデックス

連載目次

 海外Webサービスの使い方を「日本語で」分かりやすく説明するシリーズ。先月は、エンジニアのクリエイティビティを刺激する、デザイナー向けWebコミュニティサービス「dribbble(ドリブブル)」を紹介しました。今月は次世代Webコミュニケーションサービス「Slack(スラック)」を紹介します。

tori32_1.png Slack(スラック)」のトップページ(クリックすると、大きなサイズの画像を表示します。以降も二重枠の画像は全て、クリックで拡大します)

※各固有名詞のカタカナ読みはユーザーによって異なるため、一つの参考としてください。


Slackってどんなサービス?

 Slackは2014年に北米でローンチされて以来、多くのビジネスの場で活用されているWebコミュニケーションサービスです。

 いくらテクノロジが発達しても、ビジネスで重要なのは、やはり人間同士のコミュニケーション。SNSやチャットツールが立ち位置を確立した今、このようなWeb総合コミュニケーションサービスに対するニーズは、今後さらに増していくでしょう。

tori32_2.png ロサンゼルスの映像制作会社「Sandwich Video」による紹介ビデオ。Slackのトップページで視聴できます。キーワードは“Change the way teams communicate”チームのコミュニケーション方法を変えよう
tori32_4.png 「全てのチームコミュニケーションをOne Place(一つのプラットフォーム上)で」行えるSlackは、アドビシステムズやイーベイなど、名だたる企業でも導入されています
tori32_5.png Slack創業者のスチュワート・バターフィールド氏は、画像共有サイト「Flickr」を生み出した人物です

Slackの特徴

 Slackは、どのようなことができるのでしょうか? 「tour」ページで見てみましょう。

tori32_6.png 「tour」ページのtop “Slack is team communication for the 21th century”
Slackが21世紀のチームコミュニケーションをつかさどる

 Slackを使うと、社内外どこにいてもチームとのコミュニケーションに参加できます。

tori32_7.png “Create open channels for the projects, groups and topics that the whole team shares.”
オープンな「チャンネル」を作成してプロジェクト、グループ、トピックを全チームで共有しよう

 「チャンネル」と呼ばれるカテゴリを作成すると、特定の情報をチームで共有できます。メッセージ&コメント機能はもちろん、画像やビデオ、リンクを送受信したり、TwitterやDropbox、Google Driveと連携したりできます。

tori32_25.png “Slack works with the services that your team already uses!” すでに活用しているサービスと連携して使える

 連携しているサービスの数は70以上もあります。本連載で以前、使い方を紹介したGitHubTrelloも含まれているところが、エンジニアに人気の理由かもしれません。また、エンジニアではなくても比較的に容易に他のサービスと連携できることが、Slackの大きな特徴です。

tori32_9.png “Search with context” 文脈でメッセージ検索しよう

 「あのメッセージが見たいけど、探し出せない」――毎日大量の電子メールを受け取るビジネスパーソンなら一度は抱いたことがある悩みです。Slackでは記憶に残っている単語一つからでも過去のメッセージを検索できます。

tori32_12.png “Slack has fully native apps for iOS and Android to give you the full functinality of Slack wherenever you go”
あなたがどこにいても、iOS/AndroidアプリでSlackのフル機能を使えます

 アプリを使えば、PCの前にいなくてもスマホやタブレットで同じ情報にアクセスできます。

Slackに登録する

 Slackを使ってみたくなったら、メンバー登録をしましょう。

tori32_13.png

 トップページ中央の入力欄に、電子メールアドレスと企業名を入力し、「Sign up for Free(無料新規登録)」をクリックします。

tori32_14.png

 すると、登録確認の電子メールが届きます

tori32_15.png

 メール文中の「Get started(利用開始)」をクリックします。

tori32_16.png

 遷移先の画面で、メールアドレスが正しいかどうかを聞かれるので、「Yes, that’s the right address(正しいアドレスです)」をクリックします。

tori32_17.png

 この後、「Team Name(企業名)」の設定を行います。Team Nameは通常、企業名もしくは企業名を含んだ単語を使用しますが、Slack内で用いるものなので、正式名称でなくても構いません。

tori32_18.png

 同じドメインのメールアドレスに、Slack利用の招待メールを送ります。

tori32_19.png

 「Next(次へ)」でユーザー名とパスワードを設定したら準備完了です。

tori32_20.png

 いかがでしたか? 次回はSlackでのチームコミュニケーションにチャレンジします。複数人でのチームプロジェクトに従事している方は必見です。お楽しみに!

「海外Webサービスのトリセツ」バックナンバー

筆者プロフィール

下岡聡子

Nextremer 下岡聡子

Javaプログラマー、フリー翻訳者(英語・中国語)を経て、Nextremerにてインドでのグローバル受託開発システムのマネジメント、新規ビジネス企画担当。大学ではロシア語を専攻。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。