連載
» 2015年07月23日 05時00分 UPDATE

Webスクレイピングで始める業務システムのモバイル化(終):既存Webシステムをリニューアルすることまで見据えたモバイル化に必要なフレームワーク/ツールと進め方

既存Webシステムをモバイル化するに当たっての課題を明確にし、それらを解決するためには何が必要なのかを考えていく本連載。最終回は、モバイルWebアプリ開発フレームワーク/ソリューションをいくつか紹介し、段階的なモバイル化の進め方を説明する。

[松木健太郎,日本ネクサウェブ]
「Webスクレイピングで始める業務システムのモバイル化」のインデックス

連載目次

 前回の「Webシステムの双方向連携で知らないと損するスクレイピングライブラリ/ツール8選&主な使い方」では、Webスクレイピング技術を用いた既存Webシステムからのデータ抽出方法について、いくつかのツールなどを紹介しながら実例を交えて説明しました。

 今回は、抽出されたデータを使用したモバイルソリューションの紹介と、将来的なリニューアルを見据えた移行手法について説明します。

抽出したデータをシステムの中心に据える

 Webスクレイピング技術を用いて抽出したデータをそのままモバイルサイトから利用させることも可能ですが、将来性を見据えた設計を行うのであればプログラムなどから直接抽出データを利用するのではなく、データ連携を行う専用のWebサービスとすることをお勧めします。

 つまり、スクレイピングのプログラムによって抽出されたデータを用いて直接モバイル用のHTMLなどを出力するのではなく、スクレイピングプログラムから抽出されたデータのみを汎用的なデータ形式で出力するのです。

scrapimg4_1.jpg

 スクレイピングプログラムの呼び出しをサービス化することで、抽出されたデータの利便性が高まり、モバイル版のアプリケーションを構築する上での選択肢も飛躍的に広がります。

モバイルWebアプリケーション開発フレームワーク/ソリューション

 昨今のモバイルブームによってモバイルWebアプリケーション開発ツールやソリューションが数多く存在しています。また、多くのモバイルWebアプリケーションのソリューションは、クライアント側の技術で完結しており、サーバー側との連携はXMLやJSONなどの汎用データ形式で行い、サーバー側の処理とは完全に分離されています。

 このため、サーバー側のプログラムと密に連携する実装よりも、完全分離された実装の方が、これらのモバイルWebアプリケーション開発ツール群との相性が良くなります。

 では、実際にモバイルWebアプリケーションを構築する上でどのようなツールが存在しているのか、代表的なものをいくつか紹介します。

UIフレームワーク/ソリューション

 まずは、画面上のUIコンポーネント群を提供するUIフレームワークです。

 UIフレームワークを使用すると、HTMLで記述するよりも高機能なUIコンポーネント群を楽に実装することが可能です。

CSSフレームワーク

 次に、画面全般の見栄えやレイアウトなどをコントロールするCSSフレームワークです。

 CSSフレームワークを使用すると画面デザイン統一や、レスポンシブ対応も容易になります。レスポンシブ対応しておけば、モバイル化した後に異なるスクリーンサイズへの拡張も比較的容易に行えます。

MV*フレームワーク/ソリューション

 最後に、データ連携を容易に行うためのMV*フレームワークです。

 MV*(Model-View-*(何でも))フレームワークを使用すると、データとUIコンポーネントの関連付け、自動的にデータ←→UI間の連携を双方向に行えるため、プログラム工数を削減することが可能です。特にスクレイピングによって抽出したデータをJSONなどの汎用的なデータ形式で扱うようにしている場合、これらのフレームワークとの相性は抜群です。


 Sencha Touchやnexacroは統合フレームワークになっているので、UIフレームワーク、レスポンシブ対応、MV*フレームワークの機能を内包しています。

 これらのフレームワーク群と組み合わせてモバイルWebアプリケーションを構築するためにも、スクレイピング技術とのやりとりは汎用的なデータ形式で行い、サーバー処理と完全に分離した方がより効率的に構築できます。

既存Webシステムの将来的なリニューアルを見据える

 また、将来的なシステムのリニューアルまでを見据えれば、クライアント側とサーバー側を完全に分離して実装することで、よりスムーズにリニューアルを実現できます。Webスクレイピングを用いたモバイル化は次のような段階的な移行を行うことも可能です。

scrapimg4_2.jpg 第1段階
scrapimg4_3.jpg 第2段階
scrapimg4_4.jpg 第3段階

 単にモバイル化するだけではなく、Webスクレイピングによってデータ連携部分をサービス化すれば、スクレイピングの際にシステムにとって必要となるデータのIN/OUTの分析も行われるため、データ連携を行うシステムアーキテクチャに移行しやすい手法になります。

 Webスクレイピングによって抽出されるデータはモバイル利用に特化するわけではないので、どのようなシステムからも利用できます。その結果、「第2段階」にあるように、既存のPC用Webシステムをリニューアルすることも可能です。

 さらに、このアーキテクチャによる移行手段はデータのIN/OUTの仕様が明確になるため、サーバー側のビジネスロジックを移行できれば「第3段階」にあるように既存Webシステムのサーバーを置き換えることも可能です。この際、モバイル版やリニューアルされたPC用のプログラムに対する修正は不要です。

レスポンシブ対応にすれば、さらにメンテナンス性も向上

 もし、将来的に既存Webシステムのリニューアルまでを見据えるのであれば、モバイル化する際に使用するモバイルWebアプリケーション開発ツール・ソリューションの選択も非常に重要です。

 「第2段階」の図ではPC用の新システムを別システムのように記載していますが、モバイル化の際にレスポンシブ対応可能なモバイルWebアプリケーション開発ツール・ソリューションを選択しておけば、PC用の新システムを新規に作成するのではなく、拡張する形で開発可能です。

scrapimg4_5.jpg

 レスポンシブ対応されたWebシステムは、モバイル用/PC用で画面のソースコードを単一のソースコードで管理できるようになるため、メンテナンス性も向上します。

「取りあえずモバイル化」のときはWebスクレイピング技術を

 このように、Webスクレイピング技術を用いれば、既存Webシステムを単純にモバイル化するだけではなく、段階的な移行を行う足掛かりにすることも可能です。

 当然、システムの全面リニューアルを行い、設計からデザインまでを一括して移行した方が最終的には良いものができる場合が多いかと思います。しかしながら、全面リニューアルとなるとプロジェクトの規模も大きくなり、予算的にもスケジュール的にも厳しいのが現実ではないでしょうか。

 このような状況の中で、Webスクレイピング技術を用いた段階的な移行は有効な手段であるかと思いますので、「取りあえずモバイル化を」と考えた場合に、Webスクレイピング技術を用いた移行を検討してみてください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。